[ユニバーサル社会]人に優しいデザイン みんなで体験しよう(2004年5月11日)

■いつ?
2004年5月頃
■どこで?
臨海副都心「メガウェブ」(東京都江東区青梅)
■誰が?
トヨタ自動車株式会社(本社・愛知県豊田市)
■何をした(する)?
ユニバーサルデザイン車の常設展示場「トヨタ ユニバーサルデザイン ショウケース」を開設。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・「トヨタ ユニバーサルデザイン ショウケース」の広さは2750平方メートルで、場内は7つに分けられており、見たり、聞いたり、体験したり、ゲーム感覚で車を含めたUD全般を理解できるよう工夫されている。

・中でも人気なのが生活・事務機器、台所用品など約400点を集めた「ユニバーサルデザインコレクションウォール」。他社製洗濯機や伝統工具など、あらゆるUD製品を展示する。足の入らないテーブルなどを実際に使い、使いにくさを体験する「違和感テラス」や、同社のUD車の「試乗コーナー」も評判がいい。

・車椅子の人やオストメイト(人工肛門などの利用者)、子供連れにも使えるトイレ、ベビールームなどもあり、展示場そのものがUD仕様。トヨタ自動車株式会社の広報部では「UDは暮らしの中で身近なテーマ。使いやすく、楽しく、美しいことを、実感してもらえるはず」としている。

・開館は午前11時~午後9時まで。休館日は不定。入場料は無料。

・詳しい情報はメガウェブ(電話03・3599・0808、http://www.megaweb.gr.jp)で。

■参考資料
「[ユニバーサル社会]人に優しいデザイン みんなで体験しよう」『読売新聞』2004年5月11日,東京朝刊,16面

コメントする