発達障害と摂食障害の私の話と病気になって気付いた大切な人 – 障害者ドットコムニュース (プレスリリース)


障害者ドットコムニュース (プレスリリース)

発達障害と摂食障害の私の話と病気になって気付いた大切な人
障害者ドットコムニュース (プレスリリース)
出典:https://unsplash.com. 私が摂食障害の診断を受けたのは、大学卒業後、働き始めて4年程経った頃でした。入院し、治療を受け、退院後は週1回の心療内科の通院にて治療しておりましたが、改善が見られず、友達に会う事や一緒に食事に行く事も怖くなり、友達と連絡を ...

「万引き依存症」と「発達障害」の生きづらさとは? ひとごとではない問題の実態 – サイゾーウーマン


サイゾーウーマン

「万引き依存症」と「発達障害」の生きづらさとは? ひとごとではない問題の実態
サイゾーウーマン
生きづらい。現代を生きる、決して少なくない人が、そう感じることがあるに違いない。そして万引き依存症に陥る人や発達障害を抱える人だって、生きづらさを抱えている。著書『万引き依存症』(イースト・プレス)を執筆した精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さんと、自身も ...

発達障害の人を“海で暮らす人間”に例えたイラストが分かりやすいと共感 – www.fnn.jp


www.fnn.jp

発達障害の人を“海で暮らす人間”に例えたイラストが分かりやすいと共感
www.fnn.jp
生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがある発達障害。 しかし、その特性を本人や家族・周囲の人がよく理解し、その人にあったやり方で日常的な暮らしや ...

発達障害の男性、性的マイノリティの苦悩も 埋めがたい理想と現実の差 – livedoor


livedoor

発達障害の男性、性的マイノリティの苦悩も 埋めがたい理想と現実の差
livedoor
ある製薬会社が作った「大人の発達障害」という冊子には、ADHDの特徴として、「集中し続けることが難しい」「おしゃべりをしすぎることがある」「じっとしていることが苦手」などと記されていた。まさにアユムさんの振る舞いだった。 アユムさんは、自分が周囲と違うことを自覚している ...

「17年間を返して」見過ごされる大人の発達障害 “子どもの障害”先入観も壁に – Yahoo!ニュース 個人


Yahoo!ニュース 個人

「17年間を返して」見過ごされる大人の発達障害 “子どもの障害”先入観も壁に
Yahoo!ニュース 個人
対人関係を築いたり、集中力をコントロールしたりするのが苦手な発達障害。幼少期での早期診断の大切さが叫ばれる一方で、大人になってから診断される人も少なくない。なぜ見過ごされているのか。背景には、いまだ「子どもの障害」との先入観が根強いことや、成人を診る精神 ...