「あの人、発達障害じゃない?」ブームが産んだ“異常”を精神科医・香山リカさんと考える – 女子SPA!


女子SPA!

「あの人、発達障害じゃない?」ブームが産んだ“異常”を精神科医・香山リカさんと考える
女子SPA!
落ち着きがない、整理整頓が苦手、コミュニケーションがうまく図れない……そのようなことが代表的な症例として挙げられる、さまざまな「発達障害」。これまでは主に幼児の例が話題に上がっていましたが、近年、成人してから発覚する「大人の発達障害」にも注目が集まってい ...

発達障害の青年はチアリーディングで最高の応援をし人生を変えた – たーとるうぃず (ブログ)


発達障害の青年はチアリーディングで最高の応援をし人生を変えた
たーとるうぃず (ブログ)
ウィル・ジョンソンはこれまでにたくさんの困難がありました。 今19歳のウィルは、3歳になるまで言葉を話すことはなく5歳のときに発達障害と診断をされました。 それから、感覚統合障害、強迫性障害、不安障害と診断をされています。 大きくなるにつれて、かかえている障害から、 ...

発達障害、「ふつう」に疑問 平泉、当事者と専門家解説 – 岩手日報


岩手日報

発達障害、「ふつう」に疑問 平泉、当事者と専門家解説
岩手日報
自殺対策や障害者理解を促進するイベントひらいずみココロフェスタ(平泉町主催)は2日、同町平泉の平泉文化遺産センターで開かれた。一関市滝沢のアスペルガー症候群の作家、慧風(えふう)(本名鈴木善幸)さん(41)と県立療育センター(矢巾町)の相談支援部発達障がい ...

発達障害の兄弟のコミックの店が開店。ばかげていると母も思った – たーとるうぃず (ブログ)


たーとるうぃず (ブログ)

発達障害の兄弟のコミックの店が開店。ばかげていると母も思った
たーとるうぃず (ブログ)
アダムの弟の自閉症スペクトラム障害のガイは、約束を守る、時間を守る、細かなところへの注意ができる、それらが得意でしたが、ずっと続けられる仕事を求めていました。 母親のアンジェラは、発達障害の人でフルタイムの仕事につけているのはわずかであることを知りました。

54歳で発達障害と診断された男性の涙「すべて失ってから言われても … – livedoor


livedoor

54歳で発達障害と診断された男性の涙「すべて失ってから言われても ...
livedoor
10月に、精神科で54歳にして発達障害の診断を受けた男性に話を聞いている。診断を受けた帰り道は、過去の経験が思い出され涙が止まらなかったそう。「何もかも失って ...
54歳にして発達障害だと診断された男の苦悩「なぜもっと早く気づけ ...ニフティニュース

all 3 news articles »