障害者、買い物しやすく 新業態の店舗運営へ /熊本(2003年12月12日)

■いつ?
2003年12月頃
■どこで?
熊本県熊本市
■誰が?
株式会社エブリワン
■何をした(する)?
熊本市内に「タブリエ」の1号店を出す。将来は九州各県に店舗を展開する予定。
■なぜ?
「ユニバーサルデザインのコンビニ」として、お年寄りなど新しい客層の取り込みを狙う。
■どのように?
・障害者でも買い物しやすくした新業態のコンビニ「タブリエ」の運営に乗り出す。フランス語で母親のぬくもりを意味する。

・パート従業員は障害者も雇用する。

・市内の障害者支援団体の意見を取り入れ、フロアは一般的なコンビニの5倍にあたる660平方メートルを確保。車イスが楽に通れるように通路やレジの幅を広くした。

・当初は点字の案内板を配置する予定だったが、障害者側から「店員に頼めば済む」と指摘されたため、店員教育に力を置くことにしたという。店員が自然に手助けするような「接客力」を目玉にしたい考え。

・敷地内には、売り場面積(70平方メートル)が日本一になるという授産施設の販売所や、障害者向けのパソコン教室も併設される。

・同社は「健常者や地域住民との交流拠点になれば」と期待をかける。

・エブリワンは94年、旧寿屋系列のコンビニとして創業。店内でパンや弁当をつくり、業界で初めて離島の鹿児島県名瀬市に出店するなど、特徴を出して後発のハンディを補ってきた。店舗数は160で九州5位。

・冨田晋社長は「大手に対抗するには、徹底的に地域に根ざした店作りで差をつけることが必要。将来はお客さんを名前で呼べるようになるほど、親しみのある店にしたい」と話している。

コメントする