[アザミ]大学講座で深まる理解(2004年2月20日)

■いつ?
2004年度
■どこで?
立教大学(東京・池袋)
■誰が?
中沢信氏(バリアフリーカンパニー株式会社),立教大学
■何をした(する)?
連続講座が開かれた。
■なぜ?
障害者への理解を深めることを目的としたから。
■どのように?
・中沢信氏は自身も身体に障害があり、そのことを生かして誰でも利用しやすいUDの施設設計のコンサルティングや、障害者が参加できる旅行の企画を行っている。父親が同大名誉教授という縁もあって大学から協力を依頼され、豊富な人脈を生かして今回の講師陣をそろえた。

・「障害の有無や年齢に関係なく、誰もが暮らしやすい社会――。そのことの大切さを、若い人たちが理解してくれれば、共生社会の実現も夢ではない」。そう語る中沢氏は毎回、600席の講堂がいっぱいになる様子に手ごたえを感じた。

コメントする