スーパーや百貨店にらくらく試着室増えてます【大阪】(2000年9月9日)

■いつ?
2000年ころ
■どこで?
全国
■誰が?
スーパーや百貨店
■何をした(する)?
車いすでもゆったり使えるよう考慮された広めの試着室を備える店が増えてきている。
■なぜ?
試着室のバリアを取り除くことで、そこまで足を運ぶための交通機関の環境など周辺環境の見直しが進むきっかけになればと考えたため。
■どのように?
・2000年7月にリニューアルオープンした大阪吹田市のイズミヤ千里丘店では、2階にある婦人服と紳士服売り場に一つずつ、車いすの人と介助者が入れるように考慮して幅2メートル、奥行き1.6メートルの試着室が設けられた。

・2000年3月にオープンしたダイエー泉佐野店(大阪)の婦人服売り場の真ん中には、2メートル四方の室内をカーテンで仕切れるベビーシートもついた試着室が設けられた。

・周辺の環境などから客の40%が50代以上を占め、1999年「ゆったり試着室」を設けた八王子そごう(東京)の外販店次長の上野憲一氏は、将来は年齢や障害のあるなしに関係なくおしゃれを楽しむ「ユニバーサルファッション」のコーナーも充実させたいと語った。

・広い試着室設置には課題もあり、「ユニバーサル・ルーム」と名付けた広い試着室を開発したメーカー「YKY」の笠原勝英常務は「今は景気がよくないので、積極的なところは少ない。たとえ広い試着室を設けても、その試着室までスムーズに行けるかどうかなど、店全体の見直しも必要になる。腹をくくってやらないとできないのです」と話す。

・試着室や公共トイレのユニバーサルデザインを積極的に提言している総合せき損センター(福岡県飯塚市)の松尾清美・主席研究員は「障害や高齢で車いすを使う人も消費者として組み込んでいくのが社会的責務だ。その一つとして試着して購入できる環境を整えることも必要」と評価する。自身も車いすだが「だれもがいつかは年を取る。障害を持つ人たちが利用できるようにしておけば、だれもが利用できるという位置づけで環境を整えることが求められている」と訴える。

使いやすい通信機器にマーク 大きなボタン・光でお知らせ【大阪】(2000年9月9日)

■いつ?
2000年9月上旬
■どこで?
全国
■誰が?
電話機などのメーカーや電気通信事業者、障害者団体などで構成する「電気通信アクセス協議会」
■何をした(する)?
障がい者や高齢者にも使いやすい電気通信機器に対して、基準ともいえる「障害者等電気通信設備アクセシビリティガイドライン」とシンボルマークを決め、シンボルマークを対象の電子通信機器につけることにした。
■なぜ?
電子通信機器を選ぶ際の目安にしてもらうのと、こうした機器の普及のため。
■どのように?
・シンボルマークの対象になるのは、例えば押す場所を誤らないように、キーやボタンを大きめにしたり、間隔を広くしたりした各種の機器で、登録しておいた相手からかかった場合、音声で知らせてくれる電話機などもある。

・該当する商品は製品本体のほか、パンフレットや包装などにもシンボルマークが使える。

・シンボルマークの「U」は、だれもが使いやすいことを意味するユニバーサルデザインの頭文字で、2つの●は人と人との触れ合い、コミュニケーションを表す。

・電気通信アクセス協議会の事務局によると、該当製品は「電気通信アクセス協議会」のホームページ(http://www.ciaj.or.jp/access)に2000年9月末頃から載せ、その数ヵ月後には店頭に並ぶ製品にマークをつけたい、という。

電動スクーターを貸します 神戸でショップモビリティ事業/兵庫(2000年6月28日)

■いつ?
2000年7月1日から11月まで
■どこで?
神戸市長田区のJR新長田駅南側の商店街地域
■誰が?
地元商店主ら
■何をした(する)?
電動スクーターを高齢者に貸し出し、買い物をしてもらう「ショップモビリティ事業」を始める。
■なぜ?
高齢者に優しいまちづくりで商店街の活性化を目指すため。
■どのように?
・今回のショップモビリティ事業は県から2000万円の助成金を受けて2000年11月まで実施するが、好評なら助成期間が切れる12月以降も続けたいと2000年6月28日の朝日新聞は伝えている。

・神戸市長田区のJR新長田駅南側の商店街地域内の再開発ビル「アスタくにづか」に電動スクーターを5台常備する。登録制で週3回(火、木、土曜)、午前10時から午後6時まで利用でき、事前予約が必要だが、申し込めば商店街までのタクシー送迎サービスを受けることも出来る。

・商店主らでつくる「アスタきらめき会」の伊東正和会長は、今後建設される予定の再開発ビルについて「既存の建物や町並みを高齢者や障がい者にも使いやすくするためには手間も費用もかかる。この地域は一度更地になるから、設計段階からバリアのない『ユニバーサルデザイン』に出来るはず」と語った。

・事業に関する問い合わせは、新長田まちづくり会社の東さん(078・646・3005)まで。

音声入力 溝埋める教育・制度を(情報格差の足音:下)(2000年6月23日)

■いつ?
記載なし。
■どこで?
記載なし。
■誰が?
日本アイ・ビー・エム株式会社
■何をした(する)?
「障がい者も健常者も高齢者も使いやすい」というユニバーサルデザインの考えを導入している。
■なぜ?
対象を限定するのではなく、広げる。そうすれば需要も増えると考えたため。
■どのように?
・神奈川県大和市にある日本アイ・ビー・エムの研究所では、2000年当時、視覚障害者向けのパソコンへの音声入力ソフトや文字拡大ソフトなどの開発がされていた。

・2000年5月に発売したノートパソコンの特定のキーに、棒を使ってキーを押しても滑らないように細長い小さな突起をつけた。

・他にも、ふたを開けるための突起、キーの位置を示す本体のへこみなどを加えた。

「ユニバーサルデザイン」掘り起こせ 日本、先取りの動き (2000年03月25日)

■いつ?
1999年4月から
■どこで?
静岡市内
■誰が?
千代田タクシー(静岡)
■何をした(する)?
後部から車いすのまま乗り降りできる福祉車両を使った「ユニバーサルキャブ」を運行している。
■なぜ?
福祉タクシーの役割はわかるが、障害者が乗る車と、区別や限定をしないサービスと考えたため。
■どのように?
・加藤高立社長は、「福祉タクシーではありません。健常者が一人でも乗れ、大家族の移動に使うことも歓迎です」と語り、幅広い顧客に対応できることを強調した。

・「ユニバーサルキャブ」は定員を多くしているため、料金は普通のタクシーよりやや高いが、時間制料金の福祉タクシーよりは安い。

・「ユニバーサルキャブ」は、フランチャイズ方式で、横浜市や長崎市など全国七市で2000年03月頃までに計十数台まで増えたが、この方式を束ね、タクシー会社社長らが出資してつくった「ユニネット」(東京)の岡秀明社長は、「駅の客待ちでほかのタクシーに邪魔者扱いされる例もある。料金も引き下げたいが、定員の関係で大型車扱いになる。まだまだ壁があり、手探りです」と話している。

「ユニバーサルデザイン」掘り起こせ 日本、先取りの動き (2000年03月25日)

■いつ?
1997年
■どこで?
全国
■誰が?
トヨタ自動車株式会社
■何をした(する)?
「ユニバーサルコンセプト」とうたった小型RV「ラウム」を売り出した。
■なぜ?
記載なし
■どのように?
・小型RV「ラウム」は試作の過程で、老人ホームに持ち込んで使い勝手を聞いた。

・この製品の目玉は、乗り降りの際に腰をほとんど上下させないで済む工夫や、狭い場所でも使いやすいスライド式の後部ドアなどである。

・2000年3月頃までに13万台近くを売り上げた。

「ユニバーサルデザイン」掘り起こせ 日本、先取りの動き (2000年03月25日)

■いつ?
1998年ごろから
■どこで?
全国
■誰が?
トライポッド・デザイン株式会社(東京)の代表、中川聰氏
■何をした(する)?
高齢者の目線で商品開発を行い、製品を発売した。
■なぜ?
従来の障がい者のためのデザインは、障がいとなる状況を取り除く「バリアフリー」が中心だったが、障がいのあるなしにかかわらず、だれでも使えるデザインにすれば、デザインの幅も広がると考えたため。
■どのように?
・指に障がいがある人や握力の弱った高齢者でも書きやすいように配慮した、ずんぐりした形のペン「ミニ・バーディ」を開発し、モリト株式会社(大阪)に持ち込み1998年に発売した。

・2000年当時「ミニ・バーディ」は月に4~5万本売り上げた。

・鳥の形を模し、流行の透けるボディのペンは、障がい者だけでなく「健常者も使って楽しいことも意識(して開発)しました」と中川氏は語る。

・2000年3月25日の朝日新聞の記事によると、「ミニ・バーディ」は5種類の色が選べ、価格は1200円。また、右利き用と左利き用が選べる大きいサイズ「ハンディ・バーディ」もあり、価格は1800円。文具店や介護用品売り場で買えるとのこと。

・1999年秋、握力が弱い人も持ちやすく、袋が指にくい込む痛みも解消できるように配慮したスーパーのレジ袋を持つ時の手提げ用具を発売し、数十万個を売り上げた。

ユニバーサルデザイン交通の可能性 布施泰男(ぜみなーる)(2000年04月22日)

■いつ?
1998年2月
■どこで?
東京
■誰が?
京浜運送株式会社
■何をした(する)?
「ユニバーサルデザイン・タクシー」の運行を開始した。
■なぜ?
車いすのままでないと移動できない人の利用や、運転手にかかる肉体的負担など、従来の一般車両を使用した「介護タクシー」が抱える問題を解決するため。
■どのように?
・「ユニバーサルデザイン・タクシー」は車いすに座ったまま乗れるワゴン型のタクシーで、初乗り料金は2000年4月当時、一般の中型タクシーと同じで660円であった。

・車いすの利用がない場合は、七人乗りタクシーとして、グループでの移動やたくさんの荷物を持っての移動に使える。

・「ユニバーサルデザイン・タクシー」は地方へも広がっており、1999年9月に株式会社ユニネット(東京)が立ち上げられた。

・株式会社ユニネットには、神奈川県の川崎タクシーを含む地方のタクシー会社数社と、バス会社、物流会社も参加、事業の全国展開を目指している。

[ユニバーサル社会]ドコモ丸の内 段差解消、誘導路・・・気配り細かく(2004年2月27日)

■いつ?
2004年2月頃
■どこで?
ドコモショップ丸の内店(東京・有楽町)
■誰が?
株式会社NTTドコモ、設計事務所アークポイント
■何をした(する)?
UDの考え方を取り入れて作られた「ドコモ・ハーティプラザ」を、東京・有楽町のドコモショップ丸の内店内にオープンした。
■なぜ?
年齢や障害の有無に関係なくだれもが利用しやすい施設・サービスを目指すため。
■どのように?
・設置に当たって、障害を持つ人やUDの専門家からも意見を聞いた。
・店内はすべての段差を解消。視覚障害者のための誘導路も凹凸がないものを採用した。カウンターと展示台は、車いすでもひざが奥まで入るデザイン。車いす対応のトイレには簡易ベッドがあり、赤ちゃんのおむつ交換もできる。店舗入り口に近づくと、センサーが感知しスピーカーから「ドコモショップ丸の内店です」と流れる。
・ソフト面では「ゆっくり相談カウンター」を設置。他の客に気兼ねすることなく、時間をかけて相談ができるようにした。手話ができるスタッフも3人常駐。車いす利用者や視覚障害者は事前に予約すれば、最寄の駅と店舗の間の送迎サービスも受けられる。
・設計にかかわった設計事務所「アークポイント」の寺島薫代表は「キーワードは『ゆっくり、ゆったり、丁寧に』。だれにとっても、使いよく美しいことを心がけた」と話している。
・NTTドコモではこのほか、受付カウンターなど店舗の一部をバリアフリー化(障害除去)した「ハーティーコーナー」を13店で展開しており、2004年3月末には53店舗に拡大することにしている。
■参考資料
「[ユニバーサル社会]ドコモ丸の内 段差解消、誘導路・・・気配り細かく」『読売新聞』2004年2月27日,夕刊,18面

[生活型録]洗濯乾燥機 節水や防臭、時間を短縮(2004年3月10日)

■いつ?
2004年3月頃
■どこで?
全国
■誰が?
三洋電機株式会社,株式会社東芝,松下電器産業株式会社
■何をした(する)?
腰への負担を軽減したドラム式の洗濯機を発売。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・三洋電機が2002年に発売した製品。業界で初めて、衣類の出し入れ口を横から上部に移し、腰への負担を和らげたのが特徴。現行機種の「AWD―B860Z」は、ドラム内を通過する温風の流れを工夫するなどして乾燥能力を高め、洗いから乾燥までの時間を、ドラム式で最速の約190分(洗濯量6キログラム)にした。
・東芝の「TW―80TA」も上部から取り出すタイプで、選択に使う水の量が約79リットル(同8キログラム)と業界トップの節水性能を実現した。槽内に突起物を設けて乾燥時に衣類にシワができにくいようにしたのも特徴。
・松下電器の「NA―V80」はドラムの回転軸を30度傾け、斜めから衣類を出し入れする独自方式を採用し、誰もが使いやすい「UD」を追求したという。
■参考資料
「[生活型録]洗濯乾燥機 節水や防臭、時間を短縮」『読売新聞』2004年3月10日,夕刊,7面