バリアフリーの思想普及――障壁除くデザインを提案(今を読み解くこのX冊)(1998年11月15日)

■いつ?
1998年11月頃
■どこで?
記載なし。
■誰が?
古瀬敏氏
■何をした(する)?
「ユニバーサルデザインとはなにか」(都市文化社)を執筆。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・バリアフリーから「誰もが使いやすい京用品」という考え方へ発展し、ユニバーサルデザインが強調された新しい流れについて日本とデンマーク、米国の研究者らのリポートをまとめた本。

・このほかにも、具体的な商品を網羅した、E&Cプロジェクト編「バリアフリーの生活カタログ」(小学館)や「だれでも・自由に・どこえでも」出かけていくバリアフリーツアーを提案した草薙威一郎「障害を持つ人と行く旅」(エンパワメント研究所)など、実用書といえる分野も厚みを増している。

コメントする