視覚障害の銀行員、国境超え 耳澄ませ学んだ英語、武器に – 毎日新聞


視覚障害の銀行員、国境超え 耳澄ませ学んだ英語、武器に
毎日新聞
視覚障害を持つ三菱東京UFJ銀行の田畑美智子さん(53)が、国境を超えた視覚障害者の能力開発や支援に取り組んでいる。国際NGOの世界盲人連合(WBU)アジア太平洋地域協議会会長を務め、9月にはミャンマーに赴き、東南アジア各国での支援組織作りを協議する。

視覚障がい者の移動を支援するリストバンド「Sunu Band」–超音波で周囲を把握 – CNET Japan


視覚障がい者の移動を支援するリストバンド「Sunu Band」--超音波で周囲を把握
CNET Japan
Sunuは、目の不自由な人の移動を支援するリストバンド「Sunu Band」を発売した。 視覚障がい者の行動を支援するリストバンド(出典:Sunu Band公式Facebookページ). Sunu Bandは、超音波でとらえた周囲の状況をバイブレーションでユーザーの腕に伝えることで、介助者に ...

障害者と補助犬を差別する人が知らない真実 | GARDEN | 東洋経済 … – 東洋経済オンライン


東洋経済オンライン

障害者と補助犬を差別する人が知らない真実 | GARDEN | 東洋経済 ...
東洋経済オンライン
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれて ...

and more »

視覚障害者にも読書を 県立図書館が募集、来月から養成講座 /福岡 – 毎日新聞


視覚障害者にも読書を 県立図書館が募集、来月から養成講座 /福岡
毎日新聞
県立図書館(東区箱崎)は、視覚障害者に読書を楽しんでもらうために本や雑誌を音声化する「録音図書」の製作ボランティア養成講座の受講者を募集している。講座は、9月6日~10月25日に全8回(いずれも午後1時半~3時半)。 同図書館のボランティア「音訳の会」の ...

夫の事故死 社会変化の礎に 視覚障害者転落事件から1年 – 朝日新聞


朝日新聞

夫の事故死 社会変化の礎に 視覚障害者転落事件から1年
朝日新聞
園児には「一人ひとりが大切な存在なんだよ」と繰り返し、卒業文集には「やさしいこころをわすれないでくださいね」と記した。「1人でも行動できるようになりたい」と2011年、盲導犬と暮らす道を選んだ。 その後、障害者の自立を支援する会社に入社。昨年3月、東京に転勤して家族 ...

and more »

視覚障害者の交通安全を阿波踊りで訴え 犠牲の男性悼み盲導犬も踊る … – 徳島新聞


朝日新聞

視覚障害者の交通安全を阿波踊りで訴え 犠牲の男性悼み盲導犬も踊る ...
徳島新聞
視覚障害者の交通安全を阿波踊りで訴え 犠牲の男性悼み盲導犬 視覚障害者らと盲導犬でつくる「ハーネス連」が12日、徳島市の阿波踊りに参加し、交通事故で盲導犬 ...
視覚障害者の会、今年も阿波踊りへ 亡き先輩の遺志胸に:朝日新聞 ...朝日新聞

all 2 news articles »

ジャパン碁コングレス 視覚障害囲碁を披露 海外に交流の輪広げて – 毎日新聞


ジャパン碁コングレス 視覚障害囲碁を披露 海外に交流の輪広げて
毎日新聞
約300人の集まる会場で、海外の棋士たちとの対局を終えて「日本以外の国の視覚障害者にも囲碁がもっと広まってほしい」と話していた。目隠しをして中村さんと対局をした、カナダ人大学生のサム・エリントンさん(17)も「障害の有無さえも超えて楽しめると知って、ますます囲碁 ...

特集 高齢視覚障害者の今/下 地域での暮らし 鍵は人の支えと専門機関 – 毎日新聞


特集 高齢視覚障害者の今/下 地域での暮らし 鍵は人の支えと専門機関
毎日新聞
地域で暮らす視覚障害者にとって、同居する家族の存在は大きい。大阪市内に住む70代の弱視女性は、80代の夫(晴眼)と2人暮らし。週2回、視覚障害者施設に通い、パソコンの操作や点字の読み書きを学んでおり「仲間からいろいろな情報をもらえるので、なくてはならない ...

and more »

支え合い50年 視覚障害者集う「静岡光の家」 – 朝日新聞


支え合い50年 視覚障害者集う「静岡光の家」
朝日新聞
光の家は、視覚障害者の交流や生活支援のため、多々良さんが自宅の一室を開放したのが始まりだ。この日は、施設の利用者7人がイベント会場などで販売する「肩たたき棒」をつくっていた。新聞の折り込みチラシを細く丸めて束にしていく。「指先が目になる」ともいう視覚障害者 ...

視覚障害者の会、今年も阿波踊りへ 亡き先輩の遺志胸に – 朝日新聞


朝日新聞

視覚障害者の会、今年も阿波踊りへ 亡き先輩の遺志胸に
朝日新聞
街が踊り一色に染まる徳島市の阿波踊りに毎年、視覚障害者や盲導犬、介助人らがつくる「ハーネス連」が参加している。一昨年、連のリーダーが交通事故に遭い、一緒にいた盲導犬とともに命を落とした。その遺志を継いだ連のメンバーら約100人は、12日に開幕する今年の ...

and more »