LGBTの「性的嗜好」が勝手に暴露される事案が続出…自殺に発展した事例も – Business Journal


Business Journal

LGBTの「性的嗜好」が勝手に暴露される事案が続出…自殺に発展した事例も
Business Journal
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)への理解と配慮を進めることは、今日の社会における必須の課題となっている。 だが、実際の運用においては、まだまだ試行錯誤の手探りが続いているようだ。最近も、LGBTの問題への取り組みの課題について考え ...

東京五輪にLGBT拠点 国内初、NPO法人が計画 – 東京新聞


東京新聞

東京五輪にLGBT拠点 国内初、NPO法人が計画
東京新聞
日本では全国約七万人の調査で約十三人に一人がLGBT層に当たるとのデータ(一五年電通調べ)がある一方、スポーツ界で公表している人はほとんどいない。松中代表は「政治家やスポーツ選手はカミングアウト(公表)することで何かを失うリスクにおびえている」と根深い理解 ...
LGBT拠点を設置…NPO計画、国内初の試み毎日新聞
LGBTの交流促す場 2020年東京五輪で設置にむけてNPOが始動Sputnik 日本

all 4 news articles »

LGBT拠点を設置…NPO計画、国内初の試み – 毎日新聞


LGBT拠点を設置…NPO計画、国内初の試み
毎日新聞
2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に、同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)の交流や情報発信の拠点となる施設を設置する計画を、都内のNPO法人が進めていることが16日、分かった。10年バンクーバー冬季大会以降、国際スポーツ大会では「プライド ...

and more »

東京五輪にLGBT拠点を 国内初の試み、社会の変化促す – 北海道新聞


北海道新聞

東京五輪にLGBT拠点を 国内初の試み、社会の変化促す
北海道新聞
2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に、同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)の交流や情報発信の拠点となる施設を設置する計画を、都内のNPO法人が進めていることが16日、分かった。10年バンクーバー冬季大会以降、国際スポーツ大会では「プライド ...

and more »

働きやすく レインボーサポート、福山の2社認定 /広島 – 毎日新聞


働きやすく レインボーサポート、福山の2社認定 /広島
毎日新聞
性的少数者(LGBTなど)が暮らしやすい社会を作ろうと活動する「県セクシュアルマイノリティ協会」(野元恵水(えみ)代表理事)が創設した「レインボーサポート認定制度」で、広島市の2社、福山市の2社の計4事業者が第1弾として認定証を受けた。野元理事は、認定した福山市 ...

LGBT=オネエタレント? メディアによる偏ったイメージを変えていくには – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

LGBT=オネエタレント? メディアによる偏ったイメージを変えていくには
ハフィントンポスト
LGBTブーム」の一方、日本はG7の中で同性カップルに結婚に準じた権利を認めていない唯一の国です。欧米では多くのスポーツ選手やアーティスト、政治家などがカミングアウトしていますが日本ではほとんどそんな人はいません。日本はまだまだセクシュアル・マイノリティの ...

【LGBTに関する企業の意識調査 Vol.1】結果報告 63%が「LGBTであることがわかっても採用に影響しにくい」と回答。 – 宮崎日日新聞


LGBTに関する企業の意識調査 Vol.1】結果報告 63%が「LGBTであることがわかっても採用に影響しにくい」と回答。
宮崎日日新聞
おもに、「社員の理解、意識がたりないと感じる」(16%)、「設備、施設がLGBT対応できていない」(15%)、「カミングアウトされたが対応方法を知らない」(5%)などの意見が挙がりました。しかしながら、現在LGBTに関する取組みが必要だと感じている企業は33%でした。

and more »

ゲイを両親にカミングアウトしたら…LGBT男性の悲痛な体験 – 女子SPA!


ゲイを両親にカミングアウトしたら…LGBT男性の悲痛な体験
女子SPA!
長年の不妊治療の末に生まれた男の子として、両親の愛情をたっぷり受けて育ったケイスケさん。明るい性格で友人も多く、表向きは年齢相応の男の子として過ごしていましたが、20歳を過ぎて同じLGBTの男性に出会ったことで、自分の感情に素直に生きる道を選んだといいます ...

and more »

論議呼ぶ「LGBT「検定」 – 東京新聞


論議呼ぶ「LGBT「検定」
東京新聞
性的少数者を意味する「LGBT」に配慮した自治体や企業の取り組みが増える中、ある団体が検定形式で理解を深めようという「LGBT検定」を始めた。LGBTの当事者からは「検定に合格すれば理解者と言えるのか」「社会の需要に応じて、あってもいい」など賛否の論議が起きて ...

LGBT配慮「誰でもトイレ」 東海にも広がり – 読売新聞


LGBT配慮「誰でもトイレ」 東海にも広がり
読売新聞
LGBT配慮型の公共トイレは、岐阜県関市でも3月に完成した。新たな観光名所「モネの池」近くの多目的トイレに、虹色のマークを表示している。昨年8月に「LGBTフレンドリー宣言」を行うなどLGBT支援に力を入れている市が、トイレの建て替えに合わせてマークをつけた。