子ども発達支援、統合施設…津に来月 – 読売新聞


子ども発達支援、統合施設…津に来月
読売新聞
センターは、肢体不自由児施設の県立草の実リハビリテーションセンター(津市城山)と、児童精神科を専門とする県立小児心療センターあすなろ学園(同)、それに県児童相談センター(津市一身田大古曽)の難聴児支援部門を統合した施設。併設する県立かがやき特別支援学校 ...

愛媛で輝く 全国障害者スポーツ大会 – 愛媛新聞


愛媛新聞

愛媛で輝く 全国障害者スポーツ大会
愛媛新聞
身体障害と知的障害の部門がある水泳では自由形や背泳ぎなど6種目が行われ、全国や世界で戦うアスリートがしのぎを削る。 新居浜市のスイミングクラブでインターハイ出場者らに交じって泳ぐ新居浜東高2年岡部歩乃佳選手(16)。昨年の岩手大会では肢体不自由部門50 ...

語り継ぐ 千曲・上山田温泉に記念碑建立 旧東京市立光明学校生徒ら 「戦争の反省感じて」 /長野 – 毎日新聞


語り継ぐ 千曲・上山田温泉に記念碑建立 旧東京市立光明学校生徒ら 「戦争の反省感じて」 /長野
毎日新聞
光明学校は、肢体不自由児たちが治療を受けながら学べる初の学校として1932年に東京の旧麻布区(現港区)に設立された。のち世田谷に移った。 戦争が激しさを増し、政府は44年6月以降、大都市に住む学童の集団疎開を進めた。健常児の疎開先は行政当局が探したが、 ...

and more »

脳性麻痺と共に生きる(27)高等部に入学 有田憲一郎 – クリスチャントゥデイ


クリスチャントゥデイ

脳性麻痺と共に生きる(27)高等部に入学 有田憲一郎
クリスチャントゥデイ
ほとんどの養護学校(特に肢体不自由)は、中学部も高等部も制服がありません。普段はそれぞれ動きやすい私服で登校しています。入学式に、「汚さないように頑張ってね」と言われながらスーツに身を包んだとき、「僕は高校生なんだ」、そう実感したことを覚えています。

職種超え輪広がる 心身障害者支援「ざっくばらん会」 – 中日新聞


中日新聞

職種超え輪広がる 心身障害者支援「ざっくばらん会」
中日新聞
重症心身障害児・者> 重度の肢体不自由と知的障害が重複している人のことで、近年、新生児医療や在宅医療が進む中、重度の障害があっても自宅で医療的ケアを受けながら生活できるようになってきた。県などによると、2016年4月1日現在、県内に882人いるという。

悼む「けうな文化人だった」 脳性まひの俳人 /東京 – 毎日新聞


悼む「けうな文化人だった」 脳性まひの俳人 /東京
毎日新聞
長男の団体職員、政孝さん(49)らによると、花田さんが俳句を始めたのは、国内初の肢体不自由児学校「東京市立光明学校」(現都立光明学園)在学中だった。 中村草田男に師事し1947年、障害のある仲間とともに同人誌「しののめ」を創刊。63年に「俳人協会全国大会賞」を ...

歩けた 緊張緩め、表情も豊かに 大阪の療法士がオーダーメード – 毎日新聞


毎日新聞

歩けた 緊張緩め、表情も豊かに 大阪の療法士がオーダーメード
毎日新聞
大阪府吹田市の作業療法士、野村寿子さん(54)がつくる車椅子が評判を呼んでいる。身体障害者の体を支える「座位保持装置」を一人一人の特徴に合わせてオーダーメードすることで、姿勢が安定し、体の緊張がほぐれるという。利用し始めてから、大幅に身体能力が向上した ...

and more »

魔法の車椅子:緊張ほぐれ、身体能力向上 療法士が製作 – ニフティニュース


魔法の車椅子:緊張ほぐれ、身体能力向上 療法士が製作
ニフティニュース
1984年に作業療法士の資格を取得した野村さんは16年間、吹田市の肢体不自由児施設で勤めた後、福祉用具製造会社「ピーエーエス」(同府箕面市)を設立し、車椅子の製造を始めた。 最初に利用者の筋肉の硬さや張り具合、痛みを感じる場所を直接触って確かめ、最適の ...

and more »

緊張ほぐれ、身体能力向上 療法士が製作 – 毎日新聞


毎日新聞

緊張ほぐれ、身体能力向上 療法士が製作
毎日新聞
1984年に作業療法士の資格を取得した野村さんは16年間、吹田市の肢体不自由児施設で勤めた後、福祉用具製造会社「ピーエーエス」(同府箕面市)を設立し、車椅子の製造を始めた。 最初に利用者の筋肉の硬さや張り具合、痛みを感じる場所を直接触って確かめ、最適の ...

and more »

障害者基準から「視野」を除いた結果、せっかくの福祉サービス制度が台無しに – 読売新聞


読売新聞

障害者基準から「視野」を除いた結果、せっかくの福祉サービス制度が台無しに
読売新聞
会社でいかなる仕事をするかということにも、多少関係はするかもしれませんが、ほとんどの人は視覚障害者より、片手の肢体不自由の障害者を採用すると言うでしょう。 このことだけをみても、視覚障害が日本社会において、不当に軽く扱われていることを、如実に表していると ...