ソウルを2022年まで「バリアフリー観光都市」にする – 東亜日報


ソウルを2022年まで「バリアフリー観光都市」にする
東亜日報
ソウルが、車椅子に乗った障害者や体の不自由なお年寄り、子どもをベビーカーに乗せた家族も楽に観光できる都市に変わる。ソウル市は2022年までの5年間、計152億ウォンを投入してソウルを、「バリアフリー観光都市」に造成すると、22日 ... まず明洞(ミョンドン)、梨泰院(イテウォン)などの観光特区6カ所に年齢、身体 ...

富士通SSL、スマートグラスを組み合わせたプラネタリウム鑑賞の実証実験 – マイナビニュース


富士通SSL、スマートグラスを組み合わせたプラネタリウム鑑賞の実証実験
マイナビニュース
また、同社はこの実証を通じて、聴覚障がいの有無に関わらず、音声言語を文字言語化して情報を提供する新たなコミュニケーションツール活用での価値を生み出すとともに、他の分野への活用への広がりにも期待しているとしている。 なお、鑑賞料金は無料で、募集人数は ...

and more »

視覚障害者の「生活の質」支援 ネットで情報提供「スマートサイト」 – 産経ニュース


視覚障害者の「生活の質」支援 ネットで情報提供「スマートサイト」
産経ニュース
病気や事故で視力を失った「中途視覚障害者」の支援に、インターネットを活用して情報提供する「スマートサイト」が広がりをみせている。眼科医が、スマートサイトから専用のリーフレットをダウンロードして患者に手渡し、相談窓口の紹介などを行う。中高年の人が突然視覚障害に ...

and more »

中学生議員、静岡県に提案 「こども県議会」8人登壇 – @S[アットエス] by 静岡新聞


@S[アットエス] by 静岡新聞

中学生議員、静岡県に提案 「こども県議会」8人登壇
@S[アットエス] by 静岡新聞
静岡県内の中学2年生が川勝平太知事や県幹部に県政への提言や意見を述べる「こども県議会」が21日、県議会本会議場で開かれた。全35市町から生徒68人が参加し、正副議長役、議員役をそれぞれ務めた。議員役のうち代表生徒8人が演壇に立ち、静岡空港の周辺活性 ...

and more »

100万人が体験した「ダイアログ・イン・サイレンス」とは – ホウドウキョク


ホウドウキョク

100万人が体験した「ダイアログ・イン・サイレンス」とは
ホウドウキョク
清水建設は、ダイバーシティの中、今後ユニバーサルデザインだけではなく、どうあるべきなのかと本気で取り組んでいらっしゃいます。また、『サイレンス』では、企業 ... また、佐賀県では学校教育で、今年も千人くらい子どもたちが参加してくれています。 これまで私たち日本人は、 ...