子供用車いす 温かく見守って ベビーカーと混同多く – 日本経済新聞


日本経済新聞

子供用車いす 温かく見守って ベビーカーと混同多く
日本経済新聞
厚生労働省の調査では、日常の動作や姿勢の保持が困難な18歳未満の「肢体不自由」の人は全国に約4万2千人(2011年)。同省障害保健福祉部の担当者は「登校・外出時にバギー型の車いすを使う児童は多い」と話す。 しかし認知度は低く、患者の家族会の集まりやブログで ...

再生への課題 地域移行へ土壌不足 県肢体不自由児者父母の会連合会・石橋吉章会長に聞く /神奈川 – 毎日新聞


再生への課題 地域移行へ土壌不足 県肢体不自由児者父母の会連合会・石橋吉章会長に聞く /神奈川
毎日新聞
施設から地域へ」という福祉の流れを踏まえつつ、なお入所施設を求める家族の要望を色濃く反映した格好だ。背景にどのような課題があるのか。国の障害者制度改革に向けた部会構成員などを務めた石橋吉章・県肢体不自由児者父母の会連合会長(76)に聞いた。【聞き手・ ...

/下 肢体不自由児学校 疎開の記録/「父と暮せば」独演続ける俳優 – 毎日新聞


毎日新聞

/下 肢体不自由児学校 疎開の記録/「父と暮せば」独演続ける俳優
毎日新聞
戦時中、全国で唯一の肢体不自由児学校だった光明国民学校(現東京都立光明特別支援学校)=東京都世田谷区。その集団疎開を受け入れた長野県の上山田ホテル(千曲市)に、元生徒らやホテルの関係者の尽力で記念碑が建てられ、今年5月21日除幕式が行われた。

障害ある子の潜在力伸ばす iPadなどを活用、自立の道へ 福岡の支援学校教諭 福島勇さん 講習続けて20年、広がる可能性 – 西日本新聞


西日本新聞

障害ある子の潜在力伸ばす iPadなどを活用、自立の道へ 福岡の支援学校教諭 福島勇さん 講習続けて20年、広がる可能性
西日本新聞
ICT(情報通信技術)を生かし、肢体不自由な子どもの自立や社会参加を促すヒントを20年以上、教職員や保護者らに伝え続ける先生がいる。福岡市立今津特別支援学校の福島勇教諭(56)だ。最近はスマートフォンのiPhone(アイフォーン)、タブレット端末iPad(アイパッド) ...

山中湖で交流始まる 1都4県から32人参加 /山梨 – 毎日新聞


山中湖で交流始まる 1都4県から32人参加 /山梨
毎日新聞
第61回手足の不自由な子どものキャンプ」(毎日新聞東京社会事業団、日本肢体不自由児協会、東京YMCA主催)が山中湖村平野の「東京YMCA山中湖センター」で始まった。15~20日の5泊6日の日程で、山中湖の自然の中で交流を深めた。 首都圏の肢体が不自由な ...

and more »