紅斑や発熱、難病SLEの可能性も 早期治療で症状抑制 – 中日新聞


中日新聞

紅斑や発熱、難病SLEの可能性も 早期治療で症状抑制
中日新聞
膠原(こうげん)病の一つで、全身に紅斑が出る難病「全身性エリテマトーデス(SLE)」。国内の患者は六万~十万人とされ、九割が女性。多くは二十~四十代で発症する。発症すると発熱するため、風邪やインフルエンザと間違うことがある。専門家は「治療が遅れると腎不全に …