車いすの天才物理学者、ホーキング博士死去 76歳 – 毎日新聞


毎日新聞

車いすの天才物理学者、ホーキング博士死去 76歳
毎日新聞
ケンブリッジ大大学院在学中に筋萎縮性側索硬化症と診断され、車いす生活となった。その後も活発な研究活動を続け、79年からケンブリッジ大で教授を務めている。「ブラックホール蒸発理論」や宇宙創成に関する独創的な理論などの業績で知られる。障害者用意思伝達装置を活用、世界的なベストセラーとなった
車いすの天才科学者」ホーキング博士、76歳で死去Newsweekjapan
ホーキング博士が死去、難病と闘った“車いすの宇宙物理学者”TBS News
ホーキング博士死去=76歳、車いすの宇宙物理学者-英時事通信
日本経済新聞 –中日新聞
all 78 news articles »