障がい者ダイビング指導に国際基準 日本にも活動広げるHSA – 山陽新聞


山陽新聞

障がい者ダイビング指導に国際基準 日本にも活動広げるHSA
山陽新聞
片麻痺、対麻痺、四肢麻痺、切断、視覚障害、聴覚障害などにより、運動能力は大きく異なります。障がい者に対するダイビング指導認定の特徴は、ダイビングの理論及び実技講習の結果、できること、できないことを明確にし、安全・保護のために3段階による「マルチレベル認定」 …