電話リレーサービス 聴覚障害者に代わってオペレーターが電話 「インフラ整備 進めて」 – 西日本新聞

電話リレーサービス 聴覚障害者に代わってオペレーターが電話 「インフラ整備 進めて」
西日本新聞
聴覚障害者に代わってオペレーターが電話をかける「電話リレーサービス」が注目されている。電話しか連絡方法がない場合に役立つほか、メールやファクスに比べ即時性や双方向性に優れ、熊本地震の被災地でも活躍した。普及には課題もあるが、無料のモデル事業を行って …