「サービス付き高齢者向け住宅」のメリットは? – SUUMO介護ジャーナル


SUUMO介護ジャーナル

「サービス付き高齢者向け住宅」のメリットは?
SUUMO介護ジャーナル
一方、サ高住は必要に応じて介護サービスを契約するため、利用頻度が増えると費用はかかりますが、頻度が高くなければ費用を抑えられます。つまり、ある程度元気な高齢者で自分の生活を楽しみたいなら、サ高住のほうが柔軟に求めるライフスタイルを実現しやすいのです」 ...

補助額を引き上げ、サービス付き高齢者向け住宅の今後とは – SUUMO介護ジャーナル


SUUMO介護ジャーナル

補助額を引き上げ、サービス付き高齢者向け住宅の今後とは
SUUMO介護ジャーナル
政府は1月20日、「平成27年度補正予算」によって、サービス付き高齢者向け住宅の普及を目的に、整備費の補助上限額を1戸当たり100万円から150万円に引き上げることを決めました。安倍首相が掲げる「1億総活躍社会」に向けた緊急対策の一環で、2017年度末までに着工 ...

外国人家事労働者の受け入れは、働く女性を救うのか – nippon.com


外国人家事労働者の受け入れは、働く女性を救うのか
nippon.com
安倍晋三政権が掲げる「女性の活躍支援」の一環として、「国家戦略特区」での外国人家事労働者の受け入れが解禁され、今春から神奈川県、大阪府で外国人家事代行サービスが始まる予定だ。地域を絞って規制を緩める特区を活用しての “実験” に参加するのは、パソナ、 ...

高齢者虐待 家族から623人 14年度県調査 – 東京新聞


高齢者虐待 家族から623人 14年度県調査
東京新聞
県は、二〇一四年度の高齢者への虐待状況をまとめ、県内の介護施設で職員に虐待を受けた疑いがあるとの相談・通報が四十八件あり、実際に虐待されていたのは十一人だった、と発表した。家族らによる虐待を疑う相談・通報は千二百十一件、実際の虐待人数は六百二十三 ...
26年度の高齢者虐待118人 4割が介護疲れ要因 山梨産経ニュース

all 2 news articles »

人工知能と外国人に、私たちの仕事は奪われてしまうのか – ITmedia


ITmedia

人工知能と外国人に、私たちの仕事は奪われてしまうのか
ITmedia
人工知能(AI)によって、自分の仕事が奪われるかもしれない――。そんな不安を感じたことがある人も多いと思うが、野村総合研究所と英オックスフォード大学が気になる共同研究を発表した。タイトルは「人工知能やロボットなどによる代替可能性が高い・低い100種の職業」。

見逃される高齢者の「うつ病」は認知症の誤診が招く – 日刊ゲンダイ


日刊ゲンダイ

見逃される高齢者の「うつ病」は認知症の誤診が招く
日刊ゲンダイ
高齢者のうつ病を認知症と誤診しているケースが多い」と指摘するのは、くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長(日本認知症学会認定医・指導医)。それが取り返しのつかない結果を招いていることがある。 「物事を覚えられなくなった」「変な行動・言動が目立つように ...

高齢者の歩きスマホは特に危険 東北大が脳科学的に証明 – マイナビニュース


ハザードラボ

高齢者の歩きスマホは特に危険 東北大が脳科学的に証明
マイナビニュース
歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」は、高齢者の場合、操作と歩行に関係する脳が若い人のように働かないため特に危険であることを東北大学の研究グループが脳科学的に証明した。若い人でも「歩きスマホ」中の事故が多発しているが、高齢者はすぐにもやめた方 ...
歩きスマホで脳の活性化?歩行中の高齢者は要注意!東北大ハザードラボ

all 2 news articles »

街で見かけた 何かヘンだよ外国人観光客 – 日本経済新聞


日本経済新聞

街で見かけた 何かヘンだよ外国人観光客
日本経済新聞
駅で困っている外国人観光客をよく見かけます。ときには日本人の私だって迷うんだもの。不慣れな土地ならば当たり前です。大きな荷物を抱えたカップルや家族連れが立ち止まって不安げにキョロキョロしている姿は気の毒で手助けしたい気持ちはあるけれども、すべてに対応し ...

外国人多様化54カ国 “ブラジルタウン”大泉に変化 – 上毛新聞ニュース


外国人多様化54カ国 “ブラジルタウン”大泉に変化
上毛新聞ニュース
ブラジルタウン”として知られる群馬県大泉町で、外国人住民の多様化が進んでいる。2015年末時点の外国人住民国籍数は54カ国に上り、外国人流入のきっかけとなった1990年の改正入管難民法施行以降、最多となった。相対的にブラジル人の割合は下がり、昨年末時点で6 ...

「高断熱」のサ付き高齢者住宅が竣工 – 日本経済新聞


「高断熱」のサ付き高齢者住宅が竣工
日本経済新聞
住宅会社のスウェーデンハウス(東京都世田谷区)が初めて手掛けたサービス付き高齢者向け住宅(サ付き住宅)「大多喜ガーデンハウス」が、2016年2月8日に竣工した。 入居者が快適に過ごすことを考慮した提案がほかの企業にはなかった――。そんな発注者(オーナー)の ...