今週のひとりごと 第13回目

みなさまこんにちは。
今週のひとりごと、第13回目になりました。
UDに関する新聞記事を読んで、感じたことを綴るこのコーナー。バックナンバーは検索窓に「ひとりごと」と入力すると、第1回からご覧いただけると思います。
よろしければあわせてご覧ください。
さて、今週は2004年2月25日から4月23日までに読売新聞に掲載された12記事を参考にしてまとめを作成しました。
そのなかには、UDを採用した包装容器の開発やUDを取り入れた駅舎の建設に向けて請願書が提出されたお話、UDに基づいた社会政策を推進していると言われるスウェーデンの首相の単独インタビューなどの記事がありました。
今回私が気になった記事を2記事あげてみたいと思います。
1つ目は2004年2月25日に読売新聞に掲載された「インテリジェントデザイン講座の来年度受講生募る 鯖江市=福井」という記事で、眼鏡や繊維、漆器、広告など、産業界の一線で活躍するデザイナーの養成を目指した講習の案内、2つ目は同日に掲載された「ユニバーサルデザイン知って 鯖江市がパンフを作成=福井」という記事です。
福井県鯖江市のホームページの沿革によると、鯖江市では2002(平成14)年3月に「ユニバーサルデザイン実践都市」を宣言したそうです。2004年当時の新聞記事によると当時は市役所にユニバーサルデザイン課という課も存在していたとのことで、市民にUDに対する理解を深めてもらうためにパンフレットの作成などを行っていたようです。
現在でも鯖江市ではこのようなUD推進の取り組みはなされているのでしょうか。
ホームページを見ただけだとユニバーサルデザイン課の存在も現在では確認できなかったので、気になります。

今週のひとりごと 第12回

みなさまこんにちは。
ご覧いただきましてありがとうございます。
今日は、1998年9・10月の朝日新聞に掲載されていた2記事と、2001年9月、2003年10・11月に日本経済新聞に掲載された2記事、2004年3月・4月に読売新聞に掲載されたUDに関する7記事の合計11記事のまとめを作成しました。
そのなかには、自治体の取り組みや、青森市におけるUDタクシーの導入事例(2004年)、パッケージ開発におけるUDに関する記事などが見られました。
2004年4月の読売新聞の記事で、食品の包装にUDの視点を取り入れた開発が行われているという記事を目にしたのですが、思い返してみると、食品のパッケージは結構あける時に力が必要な商品が多いな、ということを普段の生活のなかで私は感じています。
しかし、あけやすい素材にする場合にも安全性や中身の漏れ、酸化などを考えると、あまり密閉性のない素材は使えなかったり、現在の技術ではこれ以上は接着剤を少なくすることができなかったりと、とても難しい分野であると思います。
この記事を読んで目に留まった部分は、2004年当時、実際に開発に携わっていた方のお話のなかで、「企業側は包装に工夫をし始めている。消費者にももっと関心を持ってもらいたい。身近な商品に目を向け、不便なところを企業に伝えていけば、もっと包装は変わると思います」という言葉がありました。開発側からは気付きにくい、消費者が訴えることによって生まれる新たな視点が、製品・素材の改良に役に立つということですね。
なかなか直接に伝える機会はないかもしれませんが、今はインターネットなどの情報網も発達しています。そういったコミュニケーションツールを利用して、製品に関して情報交換・意見交換できる場所があればいいのかな、と私は考えています。
さて、今日は食に関する事柄でもうひとつ紹介したいと思います。
ひとりごと第10回目で紹介した、高齢者や障がい者にも使いやすいUD製品の調理器具を集めて紹介したガイドブックの現物を入手しまして、実際に内容を拝見させていただきました。
本は全ページに文字の上から点字の加工が施されており、文字は大きな読みやすい活字で書かれておりました。高齢者や視覚障害のある方にも読みやすいように工夫されています。
内容は、レンジやコンロなどの加熱調理器具、タイマーやはかりなどの調理用品・調理補助用品、食器・食卓用品、UDの容器包装の4つの分野に分けて紹介されていました。
各調理器具の使い方や、「握力のない人」「音声を聞き取ることが難しい人」など障がい別に製品選びのポイントなどが書かれており、製品を選ぶ際の目安を決めるのにはすごく役に立ちそうだな、と私は感じました。そこに掲載されている製品ではなくてもお店に行くと、掲載されている製品に似ている製品も数多くあると思うので、そういった製品を探す基準もできると思います。
実際目にした事のない製品もあり、私自身、使ってみたら便利そうだなとか、買ってみようかなと思うものも結構ありましたよ。
今回実際に入手したカタログは最新版ではないそうですが、最新版が発行されたらまた改めて見てみたいと思います。
それでは、また次回。

今週のひとりごと 第11回目

みなさん、こんにちは。
2月も半ばが過ぎましたね。2009年ももう1ヶ月半が過ぎてしまいました!!時がたつのは本当に早いですね。
これからの季節は卒業シーズンだったり、新入学や職場の環境が少し変わったり・・・出会いと別れの季節になりますね。一日一日大事にすごしていきたいなぁ、と最近しみじみ思ってしまいます。
さて、今日は1997年2月26日から1998年9月24日の間に朝日新聞に掲載されていたUDに関する記事11記事のまとめを作成しました。今年は2009年なので、今からもう10年以上も前の話になるのですね。
今回まとめた記事の中には、UDの普及に向けた講演会の案内や団体の発足、ガイドラインの作成などの話題が多かったように感じます。10年前はUDという言葉はまだ、一般の人にとってはなじみのない言葉だったのではないでしょうか。
そのなかから、気になる記事を見てみたいと思います。
1998年8月20日の朝日新聞の記事に掲載されていた「日本主導で国際規格づくり 手触りで識別 バリアフリー製品」というタイトルの記事です。
この記事によると、2000年に向けて日本が議長国となって、UDの国際規格を検討する国際標準化機構(ISO)の会議を開き国際規格の案を作成するということでした。
この記事を読んで国際規格を制定する動きがあったことを私は初めて知ったのですが、何より日本が中心になって検討しようとしていたことにちょっと驚きました。
UDに関して中心になりそうなのは、アメリカや北欧諸国のイメージが強かったので。
この規格は今現在どのように制定されているのでしょうか?気になるので、少し調べてみたいと思います。
この場でまた改めて報告させていただきますね!!
それでは、また。

今週のひとりごと 第10回目

ご無沙汰しております。
今週のひとりごとも、ついに第10回目となりました!!
こうして続けることができてうれしい限りです。
さて、今日は2003年5月13日から2004年5月17日に日本経済新聞に掲載された記事を参考にしてまとめを作成してみました。
この時期にはUDを採用した自動車や電化製品、文房具など、製品の紹介、UDを紹介するイベントなどの記事が多く掲載されていました。
そのなかで私が気になった記事を紹介したいと思います。
2003年7月20日、日本経済新聞の日曜版に掲載されていた「シニアの料理作り快適に――器具使いやすく、生活に張り、食も充実」という記事です。ある団体が高齢者や障がい者が使いやすいUD製品を載せたガイドブックを作成したという話題です。
最近では確かに多くの便利商品があると思うのですが、実際使ってみないとその便利さに気づけないということが多いと思います。私自身、握力が弱く、力が入りづらいのでこういった製品を使ってみたいとは思うのですが、購入したときに自分には使いづらかったらお金の無駄だなと思ってしまい買うのをよくためらってしまいます。
そういったときに、このような用途別にどのような製品なのか簡単に紹介し、なおかつ多くの製品が紹介されているガイドブックがあると、製品選びの目安、基準ができて便利だなと思いました。
この記事では、食に関する器具(調理器具や食器類)のガイドブックを作成したと紹介されていたのですが、食事は毎日の生活のなかで大事な活動です。こういった製品や器具を使うことでできない状況をひとつでもよいほうに改善できれば一番いいと思います。楽しく食事をしてこそ健康な生活が送れますものね!!
食だけでなく生活シーン別にあるといいなぁと思いますね。欲を言ったら、店頭で製品を試すことができたらいいなぁ・・・と製品を見ながらいつも思います。
実際にこのガイドブック、ぜひ一度見てみたいです。

今週のひとりごと 第9回目

みなさんこんにちは!!
今週のひとりごと、第9回目になりました。
寒い日が続いておりますが、風邪などひいていませんか?
さて、今週は2002年9月22日~2003年3月9日の間に日本経済新聞に掲載されたUDに関連する新聞記事14記事を参考にして、まとめを作成しました。
この時期の記事では、文房具等の新製品の紹介や、日本経済新聞社主催の「日経UDビジネスフォーラム」などのイベントで企業がUDについて考えていたこと、中部国際空港の設計においてUDが採用されたことなどが紹介されていました。
今回まとめた記事の中で文房具に関して言えば、ばねの力を利用したハサミや使い手の手の状態に合わせて形状が選べるハサミ、つまむだけで開閉できるファイルや出し入れしやすいクリアーケースなどが紹介されていました。
この時期に紹介されていたUDを意識したハサミやファイルなどの文房具、最近になって店頭にあるのを見かけるようになったものが多いように感じました。今から5、6年前からすでに販売されていたのですね。知りませんでした。
多くの人に認知されるようになるにはやはり、相当な時間がかかるものなのですね。
話は変わりまして・・・最近実感したのですが、意外と気付かないだけですごく使い勝手が良いものってあるんですよね。使ってみたらすごく便利に感じたり。知ってさえいればすごく役立つのに、本当にもったいないと思います!!
私は手に障害があるため(今週のひとりごと第7回目参照)、握力が弱く今まで買ったばかりの新しいペットボトルの蓋を自分で開けることができなかったのですが、ペットボトルオープナーというものを使ってみてなんとか自分で開けられるようになったことに今すごく興奮しています!!(笑)
出来ることが一つでも増えるって、こんなにも嬉しいことなんですね!!
初めて逆上がりができた子供のようなこの感覚・・・!
些細なことですが、久しぶりだったのでなんだか新鮮な気分です。
多くの人に同じような喜びを体感してもらうためにはどうしたらいいのか・・・。
私なりに考えていきたいと思ってます。
それでは、また次回。

今週のひとりごと 第8回目

今週のひとりごと第8回目になりました。
今回は、2002年3月11日~2002年9月10日に日本経済新聞に掲載されましたUD関連の新聞記事10記事を参考にまとめを作成しました。どうぞご覧下さい。
今回まとめた新聞記事は製品紹介が多く、UDを採用した時計、自転車や食器類、学校に置いてある教育向け機器にUDを採用する取り組み、UDの統一ブランド立ち上げに関するニュースなどが掲載されていました。
2002年7月14日の記事で、聴覚障がい者の方たちがUD製品を開発する企業や経済産業省の人たちも交えてお年寄りや聴覚障がいを持つ人にも使いやすい電気機器を考える勉強会を開いたという記事がありました。
記事の中には洗濯機や炊飯器などの日常使用する電化製品に付いている音声で知らせる機能が聞こえないために、失敗した例や何が起こっているのかわからないという例が挙げられていました。
この記事を読んで、私の祖父も高齢のため耳が遠くなり、お風呂の自動湯沸かし器の警告音が聞こえず、バスタブの栓を閉め忘れていたために水を出したまま空焚きをしてしまったことを思い出しました。
私自身、電車の中で車内アナウンスがよく聞こえず、降りる駅であわてて飛び降りた経験があります。最近では多くの電車の車内に電光掲示板があり、どこの駅に着いたのかを確認できるようになり乗り過ごす心配もあまりなくなりました。
いくつかの方法によって使い手の間違いを防ぐことが出来る製品の開発のためには、こういった情報交換も大事だとこの記事を読んで感じました。
私も、自分が使いにくいと思うものについて友達と話し合ったことがありますが、人によって、体の状態によって、いろいろな意見が出て自分だけでは気付けない欠点や利点に気付くことが出来て面白いなと感じたことがあります。
いろんな人と話すことで視野が広がり、UDについて考えるきっかけにもなると思います。

今週のひとりごと 第7回目

こんにちは!
今週のひとりごと、第7回目です。
近頃大分涼しくなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
今日は、日本経済新聞に2001年10月12日~2002年3月5日の間に掲載された9記事のまとめを更新しました。今から6~7年前、新聞にはどのようなUD関連のニュースが登場していたのでしょうか?
今回まとめた記事には、UDが採用されたペンや食器、洋服などの情報や、1999年度のUD製品の市場規模と将来予想、東京ビックサイトで行われた「JAPAN SHOP2002」というイベントで、「店舗へのUD採用」が紹介されたという記事などがありました。
中でも私が一番気になったのは、2001年10月12日の日本経済新聞に掲載されていた、UDを採用した洋服のデザイン、販売に取り組もうとしていた井崎孝映(いざき・ゆきえ)さんという方を紹介した記事でした。
障害のある方や高齢者が着る洋服は、ファッション性に乏しいという固定概念が現在でもあるように思います。
着易いように工夫された衣服はちょっとでもデザインがよかったりすると高価であったり・・・。
作る手間や材料、需要を考えると割高になってしまうのは仕方の無いことかもしれません。
でも、この記事を読んで、この頃から服装へのUDに取り組んでいらっしゃる方がいたという事を知り、これから先「(身体的な理由で)こういう服は着られないから・・・。」という思いを抱く人が少しでも減って、自分の体を服に合わせるのではなく、服が着る人の体にあわせてくれる、そんなかたちで多くの人が自分に合ったおしゃれを楽しめるようになるといいなと感じました。
私自身、先天性疾患による両上肢機能全廃、両母指欠損、両示指機能全廃という障害(腕が健常者の半分くらいの長さまでしかなくて、4本ある指のうち動くのが3本という状態)をもっており、服を購入するときは「自分で着脱出来るか?」ということと、「自分で袖を直せるか?」(素材の厚さなど)という2点を考慮して購入しているのが現状です。他にも、前開きのシャツのボタンが小さくて固いものや、ズボンやスカート(主にデニムのスカート)のウエストボタンが固いものなどは苦手なので、購入時に確認してから購入するようにしています。
上着を購入すると長袖であれば大抵、袖の長さを自分で調節するため、生地の厚すぎるものや網目の大きいセーターなどは家庭のミシンでは上手く縫えないので服選びの選択肢には入れなかったり、ボタンの付いているものは、掛け外しがしにくくて購入しても着ないものがあったり、止め具の付いた靴(ヒール)は自分で掛け外しができないものが多いので、止め具の無いデザインを選ばざるを得なかったり・・・まだまだ服装に対する悩みはたくさんあります。改めて考えてみると、服を選ぶときに自分の中で暗黙の了解として諦めていることって結構多いのかもしれません。
おしゃれが大好きなので、私にとってこれらのことは大きな悩みでもあります。
私の場合は、ウエストがゴムまたは止め具がボタンではなく「かぎホック」のズボンやスカート、着脱が楽なワンピース、襟ぐりがあまり開いていない服(極端に開いているとなで肩なので下がってしまうため)・・・など購入時に自分なりの基準を持って服を選択しているな、と今回思い返してみて感じました。服を選ぶとき、たとえ1つが駄目でも似たようなデザインで、着脱しやすいものや自分にあった形のもの、やり易いものが他にあると嬉しく思います。
現在、「ユニバーサルファッション」という分野がありますが、豊富なサイズ展開や着脱のしやすさ、素材など、服が着る人に合わせてくれることが一般的になるような時代がやってくるといいですね。
今後が楽しみです。

今週のひとりごと 第6回目

ようこそ、UDあれこれ情報検索のコーナーへ!!
今週は、日本経済新聞の朝刊・夕刊に2000年12月15日~2001年9月13日の間に掲載された、13記事のまとめをアップしました。2000年から2001年にかけてと言いますと、今から約7年前、ちょうど21世紀を迎えた年であります。
この頃新聞にはどのようなUD情報が掲載されていたのでしょうか?
今回まとめた中でもっとも印象に残っているものを紹介していきたいと思います。
2001年8月25日に日本経済新聞に掲載されていた「ユニバーサルデザイン商品、使いやすくてヒット――進む高齢化、市場急拡大」という記事の中には、商品の紹介とともにこんな記述がありました。
「財団法人共用品推進機構によると、UD製品の1999年度の市場規模(国内出荷額)は1兆8548億円。前年度比26%と大幅に伸びた。経済産業省が主催するUD懇親会では高齢化が進むなか2025年度には少なくとも16兆円規模になると予測している。」
2001年当時、UD製品の市場規模はこのように予測されていました。
2008年現在のUD製品の市場規模がどの程度なのか?予想通り、いやそれ以上にUD製品は現在市場に出回っているのか・・・?
ちょっと気になるところだなぁと今回まとめてみて思いました。
市場規模が拡大して、今以上に使用者が自分にあった使い方を選択できるような、さまざまなニーズに合わせた製品が店頭に並ぶようになるといいなと考えています。

今週のひとりごと 第5回目

ようこそ、UDあれこれ情報検索のページへ!!
目を通していただきましてありがとうございます(^^)
今週のひとりごとのコーナーも5回目となりました。
さて、今日は2000年1月17日から12月13日までに日本経済新聞に掲載されたUDに関連する11記事を、5W1H(いつ?どこで?だれが?何をした?なぜ?どのように?)形式でまとめたものをUPしました。
今回まとめた中には、駅や商業施設の中にUDが取り入れられた例が多く取り上げられていました。この頃、イトーヨーカドーの木場店では、店舗の基本設計にUDが取り入れられ、小田急百貨店の新宿店では、本館8階の介護用品売り場にUDを取り入れたという記述が、2000年9月7日、10月28日の日本経済新聞の記事の中にありました。
東京ディズニーリゾートの最寄り駅である、JR京葉線舞浜駅にもこの頃UDを取り入れた待合室を設置する計画があったと2000年11月18日の日本経済新聞の記事に記載されていました。
これは2000年当時の事ですから、現在はどのようになっているのでしょうか?うーん・・・気になりますね!!
こういった施設を実際に見に行って、体感してみるのもよいかもしれませんね。
詳細は2000年9月7日、10月28日、11月18日の日本経済新聞の記事のまとめをご覧ください!
それでは、また来週!!

今週のひとりごと 第4回目

目を通していただきまして、ありがとうございます。
本日作成した記事は、1999年5月17日から2000年3月9日の間に日本経済新聞に掲載された7記事を参考にしています。
世紀末を迎えたこの時期、新聞でもミレニアム特集が数多く組まれていました。
その特集の中にUDに関する記載もいくつかあったので、今回はその中で特に印象に残ったものを取り上げてみたいと思います!
2000年夏、日本経済新聞社の主催で2週間にわたって東京国際展示場で行われた「21世紀夢の技術展」(通称=「ゆめテク」)。
科学技術の分野を「情報・通信」「生命科学」「環境保全」「宇宙・海洋開発」「生活基盤」の5技術分野に大別し、数多くの企業が21世紀に向けて日ごろの研究・開発成果や将来展望を披露する大規模なイベントだったそうです。
そのなかで、少子高齢化の進展から21世紀はUDが脚光を浴びるのではないかと多くの企業が新しい福祉・介護機器やUDを採用した製品を紹介したとのことでした。一般向けにチケットも販売されていたらしく、企業の人だけでなくて一般のお客さんも入れるイベントだったみたいですよ。
私も今回はじめてこのようなイベントが開催されていたことを知ったのですが、各分野の最新技術に実際に触れることのできる、とても興味深いイベントだなぁと思いました。
2000年1月1日と1999年10月1日の日経新聞の記事に詳しいことは記載されています。
ぜひそちらのほうも目を通してみてくださいね。
それでは、また次回!!