災害時に女性リーダーを 都検討会議が初会合 – 産経ニュース


災害時に女性リーダーを 都検討会議が初会合
産経ニュース
災害発生時に中心となって活躍できる女性リーダーの育成に向け、都は23日、被災地で活動経験が豊富な有識者らで構成する「女性の視点からみる防災人材の育成検討会議」(座長・重川希志依常葉大教授)の初会合を開いた。会議では、避難所などで授乳や着替えといった ...

and more »

街を守る・防災最前線(上)官民の情報共有 災害時最大限オープンに – 日刊工業新聞


日刊工業新聞

街を守る・防災最前線(上)官民の情報共有 災害時最大限オープンに
日刊工業新聞
内閣府の松本洋平副大臣は、4月に開かれた災害時の情報共有を検討する初会合で、国と地方自治体、民間企業が一体となった取り組みに意欲をみせた。 内閣府は災害時に必要な情報を官民で活用する仕組み「災害情報ハブ」を構築する。情報のある場所や提供フォーマット、 ...

中国、2016年は自然災害で740万人が「国内避難民」に―露メディア – エキサイトニュース


中国、2016年は自然災害で740万人が「国内避難民」に―露メディア
エキサイトニュース
2017年5月23日、中国で2016年に、洪水や嵐、地震などの自然災害により自国内での避難を余儀なくされた人の数が743万4000人に上ることが、ノルウェー難民委員会(NRC)の研究機関、国内避難民監視センター(IDMC)がこのほど発表した報告書で明らかになった。露通信 ...

and more »

中国、2016年は自然災害で740万人が「国内避難民」に―露メディア – エキサイトニュース


中国、2016年は自然災害で740万人が「国内避難民」に―露メディア
エキサイトニュース
2017年5月23日、中国で2016年に、洪水や嵐、地震などの自然災害により自国内での避難を余儀なくされた人の数が743万4000人に上ることが、ノルウェー難民委員会(NRC)の研究機関、国内避難民監視センター(IDMC)がこのほど発表した報告書で明らかになった。露通信 ...

and more »

中国、2016年は自然災害で740万人が「国内避難民」に―露メディア – Record China


Record China

中国、2016年は自然災害で740万人が「国内避難民」に―露メディア
Record China
2017年5月23日、中国で2016年に、洪水や嵐、地震などの自然災害により自国内での避難を余儀なくされた人の数が743万4000人に上ることが、ノルウェー難民委員会(NRC)の研究機関、国内避難民監視センター(IDMC)がこのほど発表した報告書で明らかになった。露通信 ...

and more »

益城町内全校区に災害公営住宅整備の見通し – テレビ熊本


益城町内全校区に災害公営住宅整備の見通し
テレビ熊本
益城町が町内にある5つの校区全てに災害公営住宅を整備する見通しであることが分かりました。熊本地震で同町は約6200棟の建物が半壊以上となる甚大な被害を受けました。現在も約7800人が応急仮設やみなし仮設など仮の住まいでの生活を余儀なくされています。

大分合同新聞 > 大分県内 > 梅雨期を前に災害協定説明会 大分川ダム工事事務所 [社会] – 大分合同新聞


大分合同新聞

大分合同新聞 > 大分県内 > 梅雨期を前に災害協定説明会 大分川ダム工事事務所 [社会]
大分合同新聞
説明会では、災害発生時に各企業が建設資機材を提供することなどを確認。同省九州地方整備局による熊本・大分地震での活動報告や、「防災気象情報の利活用」をテーマにした栗野純造・大分地方気象台防災管理官の講演もあった。 ※この記事は、5月23日大分合同新聞 ...

東京電力とパナソニック、観光や災害情報などを配信する「ストリートサイネージ」プロジェクトをスタート – 家電 Watch


家電 Watch

東京電力とパナソニック、観光や災害情報などを配信する「ストリートサイネージ」プロジェクトをスタート
家電 Watch
無電柱化に伴い増加する、配電地上機器を活用した新しいプロジェクト。2016年の12月には「無電柱化推進法」が成立するなど、現在、美しい景観と災害に強い街づくりのために、無電柱化が進められている。電柱をなくすためには、配線やネットワーク回線が地中に埋めるが、 ...

and more »

災害時の衛星画像活用でJAXAと国交省が協定 – リスク対策.com


リスク対策.com

災害時の衛星画像活用でJAXAと国交省が協定
リスク対策.com
国交省は22日、災害時の被害の迅速な把握に衛星画像を活用する協定を宇宙航空研究開発機構(JAXA)と締結した。土砂災害や水害を主な対象とし、被災地の被害を迅速に把握するのが狙い。JAXAの陸域観測技術衛星「だいち2号」は宇宙からレーダーを活用して地表を調査 ...
災害時に衛星画像活用 国交省、JAXAと協定日本経済新聞
衛星画像で災害状況把握…国交省とJAXA協定読売新聞

all 3 news articles »

災害援護資金、204件中200件で書類のミス – 読売新聞


災害援護資金、204件中200件で書類のミス
読売新聞
岩手県釜石市は22日、東日本大震災の被災世帯に生活再建支援のため貸し付ける災害援護資金で、これまで貸し付けた204件のうち200件で書類の誤記などのミスがあったと発表した。 震災で世帯主が重傷を負ったり、住居などが大きな被害を受けたりした世帯を対象 ...

and more »