広島土砂災害から20日で3年、現場で救助訓練 – 読売新聞


広島土砂災害から20日で3年、現場で救助訓練
読売新聞
77人が亡くなった広島土砂災害から20日で3年となるのを前に、現場の一つとなった広島市安佐北区で16日、消防と警察による土砂災害対応訓練が行われた。 同区では、男児を救助中の広島市安佐北消防署員が殉職するなど6人が犠牲になった。同署は災害の翌年から ...

通訳案内士試験に「災害時対応」 観光庁検討 応急処置や避難知識盛り込む – JAPAN style 訪日ビジネスアイ


JAPAN style 訪日ビジネスアイ

通訳案内士試験に「災害時対応」 観光庁検討 応急処置や避難知識盛り込む
JAPAN style 訪日ビジネスアイ
観光庁は、訪日外国人客を案内する通訳案内士の国家試験や研修に、災害時の対応を盛り込む方向で検討に入った。地震や大型台風など自然災害の激甚化が進む中、応急処置や避難などの知識が対象となる。通訳案内士の質を高め、国家資格としての評価を高める狙いだ。

and more »

災害時の緊急速報メール、18年度から地域細分化 – 神戸新聞


災害時の緊急速報メール、18年度から地域細分化
神戸新聞
災害時の避難指示や勧告、津波警報などを携帯電話に送る緊急速報メールの配信範囲が2018年度から、18県の計25市町で細分化される。現在は市区町村の全域に一斉送信しているが、面積の広い自治体は地形、気象条件によって区域内の危険度に差が出るためだ。

and more »

災害救助を助ける、機動力ある一輪車付き担架 – WirelessWire News


災害救助を助ける、機動力ある一輪車付き担架
WirelessWire News
江戸時代の駕籠(かご)は、二人以上の人間が前後で肩に担いで運ぶ。舗装されていないデコボコした道を進むには好都合だが、運ぶ方は重くて大変だ。明治になって登場した、大きな車輪がついた人力車は、乗客の体重はタイヤが支えてくれるので、俥夫の人の力はもっぱら ...

災害時 車中泊できます さいたまの商業施設 – 日本経済新聞


災害時 車中泊できます さいたまの商業施設
日本経済新聞
さいたま市は15日、大規模災害時に車中泊する避難者への対応を強化するため、市内の大規模商業施設6店舗と駐車場を一時滞在場所として提供する協定を結ぶと発表した。全国で相次ぐ災害では車中泊による健康問題などが起きており、安全に避難生活を送れる環境整備を ...
水害時に車で避難想定し駐車場確保へ さいたまNHK

all 2 news articles »

熱中症予防、クーラーも水もない災害時にはどうする? – ダイヤモンド・オンライン


ダイヤモンド・オンライン

熱中症予防、クーラーも水もない災害時にはどうする?
ダイヤモンド・オンライン
平時でもこの数字だから、クーラーもない、電気も使えない、水もないかもしれない災害時や避難所であればどう過ごせばいいのか、アウトドア流防災ガイドのあんどう・りす氏が防衛医科大学の秋冨慎司先生に話を伺った。 まず、一般的な熱中症についての解説や対策について ...

角田市とウォブロー社が災害時協定 – 河北新報


河北新報

角田市とウォブロー社が災害時協定
河北新報
角田市と、農業用機器の小型エンジン周辺機器製造「ウォルブロー」(本社東京)は7月27日、災害時に同社角田工場を指定避難場所とする協定を結んだ。食堂に約120人を受け入れる。市が民間施設を避難場所に活用するのは2カ所目。 協定では、阿武隈川に近い神次郎地区 ...

元消防士、ボブスレーへ転身 五輪狙い、転機は土砂災害 – 朝日新聞


朝日新聞

元消防士、ボブスレーへ転身 五輪狙い、転機は土砂災害
朝日新聞
だが、災害をきっかけに思いが揺らいだ。「競技生活に未練があったのでは」。多くのプロ野球選手が通う広島市内のジムで彼らより筋力が強いとわかり、パワーと走力を生かせるボブスレーに目をつけた。トライアウトを受け、14年冬の全日本選手権で優勝。「これならやれる」と、 ...

阪神豪雨災害50年 教訓伝える六甲山の災害展 – 神戸新聞


阪神豪雨災害50年 教訓伝える六甲山の災害
神戸新聞
豪雨災害の歴史を学び、備えの大切さを理解する「六甲山の災害展」が15日、神戸市中央区脇浜海岸通1、人と防災未来センターで始まった。六甲山系の麓で多くの被害を生んだ昭和42(1967)年7月の豪雨から今年で50年を迎えたのに合わせ、兵庫県や神戸新聞社などで ...

18年度から災害情報きめ細かく 緊急速報メールの配信改善 – 山陰中央新報


山陰中央新報

18年度から災害情報きめ細かく 緊急速報メールの配信改善
山陰中央新報
災害時の避難指示や勧告、津波警報などを携帯電話に送る緊急速報メールの配信範囲が2018年度から、18県の計25市町で細分化される。現在は市区町村の全域に一斉送信しているが、面積の広い自治体は地形、気象条件によって区域内の危険度に差が出るためだ。

and more »