都道府県・政令市、本社調査――バリアフリー義務化へ、整備状況に地域差(2002年3月4日)

■いつ?
1999年
■どこで?
静岡県内
■誰が?
静岡県
■何をした(する)?
「ユニバーサルデザイン室」を設置し、UDを取り入れた環境づくりを始めた。
■なぜ?
「全ての人にやさしい生活環境づくり」を目指すため。
■どのように?
・サッカーワールドカップ(W杯)の会場となる小笠山総合運動公園と最寄の駅のJR駅を結ぶルートをスロープ化した。
・急勾配では階段、傾斜式の動く歩道、車椅子でも利用できるモノレール型のゴンドラを設置し選択肢を広げた。
・「これまでのバリアフリーはバリア(障害)を除くデザイン。今後は障害者、高齢者、子供、妊婦、外国人など全ての人に配慮し、最初からバリアをつくらない街づくりが必要。」と静岡県では考えている。
■参考資料
「都道府県・政令市、本社調査――バリアフリー義務化へ、整備状況に地域差」『日本経済新聞』2002年3月4日,朝刊,31面