氷解するリアルとバーチャル、フィクションとサイエンス。トップ科学者が夢見る未来とは – ガジェット通信


ガジェット通信

氷解するリアルとバーチャル、フィクションとサイエンス。トップ科学者が夢見る未来とは
ガジェット通信
2番目にマイクを握ったのは、岩田洋夫は「デバイスアート」を提唱した人物の1人で、工学とアートの接点を模索し続けている。1989年には仮想空間の中を歩き回れる装置なども作っていた。 ... 最近では、筑波大学に人間の身体能力を拡張させるエンパワースタジオを設置。