今週のひとりごと 第9回目

みなさんこんにちは!!
今週のひとりごと、第9回目になりました。
寒い日が続いておりますが、風邪などひいていませんか?
さて、今週は2002年9月22日~2003年3月9日の間に日本経済新聞に掲載されたUDに関連する新聞記事14記事を参考にして、まとめを作成しました。
この時期の記事では、文房具等の新製品の紹介や、日本経済新聞社主催の「日経UDビジネスフォーラム」などのイベントで企業がUDについて考えていたこと、中部国際空港の設計においてUDが採用されたことなどが紹介されていました。
今回まとめた記事の中で文房具に関して言えば、ばねの力を利用したハサミや使い手の手の状態に合わせて形状が選べるハサミ、つまむだけで開閉できるファイルや出し入れしやすいクリアーケースなどが紹介されていました。
この時期に紹介されていたUDを意識したハサミやファイルなどの文房具、最近になって店頭にあるのを見かけるようになったものが多いように感じました。今から5、6年前からすでに販売されていたのですね。知りませんでした。
多くの人に認知されるようになるにはやはり、相当な時間がかかるものなのですね。
話は変わりまして・・・最近実感したのですが、意外と気付かないだけですごく使い勝手が良いものってあるんですよね。使ってみたらすごく便利に感じたり。知ってさえいればすごく役立つのに、本当にもったいないと思います!!
私は手に障害があるため(今週のひとりごと第7回目参照)、握力が弱く今まで買ったばかりの新しいペットボトルの蓋を自分で開けることができなかったのですが、ペットボトルオープナーというものを使ってみてなんとか自分で開けられるようになったことに今すごく興奮しています!!(笑)
出来ることが一つでも増えるって、こんなにも嬉しいことなんですね!!
初めて逆上がりができた子供のようなこの感覚・・・!
些細なことですが、久しぶりだったのでなんだか新鮮な気分です。
多くの人に同じような喜びを体感してもらうためにはどうしたらいいのか・・・。
私なりに考えていきたいと思ってます。
それでは、また次回。