使いやすい通信機器にマーク 大きなボタン・光でお知らせ【大阪】(2000年9月9日)

■いつ?
2000年9月上旬
■どこで?
全国
■誰が?
電話機などのメーカーや電気通信事業者、障害者団体などで構成する「電気通信アクセス協議会」
■何をした(する)?
障がい者や高齢者にも使いやすい電気通信機器に対して、基準ともいえる「障害者等電気通信設備アクセシビリティガイドライン」とシンボルマークを決め、シンボルマークを対象の電子通信機器につけることにした。
■なぜ?
電子通信機器を選ぶ際の目安にしてもらうのと、こうした機器の普及のため。
■どのように?
・シンボルマークの対象になるのは、例えば押す場所を誤らないように、キーやボタンを大きめにしたり、間隔を広くしたりした各種の機器で、登録しておいた相手からかかった場合、音声で知らせてくれる電話機などもある。

・該当する商品は製品本体のほか、パンフレットや包装などにもシンボルマークが使える。

・シンボルマークの「U」は、だれもが使いやすいことを意味するユニバーサルデザインの頭文字で、2つの●は人と人との触れ合い、コミュニケーションを表す。

・電気通信アクセス協議会の事務局によると、該当製品は「電気通信アクセス協議会」のホームページ(http://www.ciaj.or.jp/access)に2000年9月末頃から載せ、その数ヵ月後には店頭に並ぶ製品にマークをつけたい、という。