ユニバーサルデザインに取り組む企業、「知る」の半数 通産省調査(2000年3月5日)

■いつ?
2000年3月初旬
■どこで?
全国
■誰が?
通商産業省(現・経済産業省)
■何をした(する)?
企業(事業者)を対象に行った、UDに関するアンケートを公表した。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・今回のアンケートには家電や化粧品、家具メーカーなど307社が回答した。

・アンケートの結果、企業の57%がUDについて知っていると回答した。

・UDを知っていると答えた企業のうち、開発担当を教育したり、設計指針を作成したりして、具体的にUDに取り組む企業は50%、取り組んでいない企業は49%だった。

・UDについて知っているが取り組んでいない企業の、取り組まない理由としては「考え方をどう適用すればいいのか分からない」や「開発に必要なデータがない」が多かった。

・2000年3月5日にこの情報を伝えた朝日新聞は、記事の中でUDの定義について「年齢や能力にかかわりなく、すべての生活者に対して適合するデザイン」と表現している。