高齢者用の器 川連漆器業界が開発(衣・食・住) /秋田(2001年05月24日)

■いつ?
2001年5月頃
■どこで?
秋田県稲川町
■誰が?
秋田県漆器工業協同組合
■何をした(する)?
高齢者向けに使いやすいデザインの食事用漆器セットを開発した。
■なぜ?
業界に新たな活路を開くものと期待を込めている。
■どのように?
高齢者向け漆器の開発は、3年前からプロジェクトチームをつくって取り組んできた。秋には販売を始める予定で、高齢者に優しく、手のひらになじむという意味を込めて、商品名は「たなごころ」と名づけられた。