バリアフリー考えよう 住関連女性グループが東京で展示会(2001年05月27日)

■いつ?
2001年6月2日まで(5月27日は休館)
■どこで?
山脇ギャラリー(東京都千代田区九段南4の8の21)
■誰が?
住まいにかかわる職場で働く女性でつくる「グループ・アクア2」
■何をした(する)?
自分たちの考えるユニバーサルデザインを提案する「高齢化社会へのメッセージ展」を開催している。
■なぜ?
安心をどう形にするか、来場者と共に探るため。
■どのように?
・メンバーの仕事のほか、歩いて集めたグループホームの例や家具などのグッズを展示する。

・会の代表で建築家の市村倖子さんは、「つたわり歩く家」を発表した。80代の男性の妻との終(つい)のすみ家。手すりはめぐらされていないし、玄関には段差もある。「プライドを大切にしたい」という施主の希望にこたえた。窓枠や棚、必要な個所につけた「にぎり」が手すりの役割を果たす。

・会場には来場者からのメッセージも掲示する。山脇ギャラリー(03・3264・4027)。