彦根市:下 みんなに優しい環境へ(まち つれづれ) /滋賀(2002年01月30日)

■いつ?
2001年9月
■どこで?
滋賀県湖東地域振興局
■誰が?
障害者や高齢者,住民代表ら
■何をした(する)?
「ユニバーサルデザイン歩行空間ネットワーク構想検討懇話会」を発足した。
■なぜ?
県湖東地域振興局の細矢五郎局長は「ゾーン内には県立大学や盲学校、文化交流施設、病院や福祉施設などが多数立地しており、バリアフリーを超えた町づくりが必要となっている。懇話会には、県内での町づくりのモデルとなる構想をお願いしたい」と期待している。
■どのように?
車いすを使っての道路状況の点検など現地調査に取り組んでいる。調査では「車いすやベビーカーの通行のため横断歩道と歩道との段差は、バリアフリー法では段差が2センチが標準と規定されているが、1センチとする方がいい」などの意見が出された。懇話会では3月にも県内で初めてとなるユニバーサルデザインの構想案を出す予定。