ユニバーサルデザイン 誰でも手軽に使える工夫(住まい演出)(2002年09月28日)

■いつ?
2002年9月頃
■どこで?
記載なし
■誰が?
記載なし
■何をした(する)?
便利でおしゃれに使える住まい関連のユニバーサルデザイン商品の紹介。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・子どもでもお年寄りでも、元気な人も体が不自由な人でも、簡単に安全に使える。それがユニバーサルデザインです。生活雑貨、服飾から街づくりまで幅広く採り入れられている考え方で、来春からは住宅や日用品などに統一ブランドも登場するようです。

・食器類。料理の最後のひとさじがすくえなくておっとっと……。そんな経験はありませんか。片側のへりが湾曲しているデザインの器だと、だれでも上手に食べられます。くちびるにフィットするスプーンや、切る機能もあるフォークは、左手用もあります。器がすべらないように表面が加工されているトレーや、滑り止め付きの器も、配ぜんや食卓で活躍します。

・ユニークなカップ類は、陶磁器デザイナー森正洋さんの作品です。へこみや突起が手になじんで持ちやすいのが特徴です。「10代の娘も、50代の自分も、70代の母も、交換しあいながら使える」と、販売店の担当者は言います。

・住宅建築では「バリアフリー」と混同しがちですが、ある住宅デザイナーは「いろんな形に組み替えられるテーブルや、いざというときは通路にも使える収納、台車方式でそっくり移動可能な畳の間など、部屋の形態や用途、家族構成の変化に合わせて対応できる住まいの形で、ただバリアをなくすだけではありません」と言います。引き出すといすになる玄関収納。天板のへりをくりぬいた手すりもついています。くつをはくときにいすがあると楽だし、手すりにはステッキやかさをかけることもできます。

・食器800円から。ファンシーカップ1500円。「アズモア自由が丘店」03・5729・7137▽手すり付き玄関収納18万円から。「(株)地域生活情報センター」03・3444・8755▽バスピロー3800円。フリースツール4800円。ブラシ3200円から。「松屋銀座7階ユニバーサルスクエア」03・3567・1211