沖縄の外国人労働者、過去最多に 国籍はネパールが3割 – 沖縄タイムス


沖縄タイムス

沖縄の外国人労働者、過去最多に 国籍はネパールが3割
沖縄タイムス
2015年10月末時点の沖縄県内の外国人労働者数は、前年同期より44・6%増加し4898人だったことが沖縄労働局のまとめで分かった。07年に事業主から国への雇用届け出が義務化されて以来、最多となった。外国人を雇用する事業所数も最多の1057カ所に上った。