生きやすい環境へ推進指針まとめる 県ユニバーサルデザイン/福島(2002年10月23日)

■いつ?
2002年10月22日
■どこで?
福島県
■誰が?
福島県
■何をした(する)?
ふくしまユニバーサルデザイン推進指針をまとめた。
■なぜ?
高齢化や国際化が進む中、誰もが生きやすい環境づくりを目指すため。
■どのように?
・施設整備だけでなく、教育、差別の撤廃などにまで踏み込んだのが特徴という。指針ではユニバーサルデザインの「意識づくり」を始め▽こころ▽暮らし▽まちづくり▽ものづくり▽サービス▽情報について現状と課題を分析。県の取り組み方を説明している。

・「意識づくり」では、ユニバーサルデザインの考え方が一般に知られていないことから、「センター」を設置し、研究や情報提供を検討するとしている。11月中旬に庁内に推進本部を設置し、具体的な政策を考える。

・一般向けの推進フォーラムも24日に郡山市のビックパレットふくしま、30日に会津若松市の県立会津大、11月26日にいわき市のニューうおしんで開く。問い合わせは同グループ(024・521・7188)へ。

・県の政策や事業を決める際の指針にするほか、市町村や事業者が街づくりなどを考える時にも「ガイドラインにしてほしい」(人権・男女共同参画グループ)という。