難病パーキンソン病の進行抑制 マウスで成功 – 中日新聞


難病パーキンソン病の進行抑制 マウスで成功
中日新聞
手足の震えや体のこわばりが起こる難病「パーキンソン病」の進行を、神経細胞内の特定のタンパク質の働きを強めて抑えることに、大阪大の望月秀樹教授(神経内科学)のチームがマウスで成功し、14日付の英科学誌電子版に発表した。 このタンパク質はネクジン。神経細胞の ...
難病パーキンソン病の進行抑制 マウスで成功、治療法開発に道 - 東京新聞東京新聞

all 13 news articles »