使いやすさ、県産品にも デザイン講習会開催 盛岡 /岩手(2002年12月06日)

■いつ?
2002年12月4日
■どこで?
プラザおでって(岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目)
■誰が?
岩手県工業技術センター
■何をした(する)?
フィンランドのデザイナー、シモ・ヘイッキラさんが講師のデザイン講習会を開いた。
■なぜ?
県内産品を誰もが使いやすく魅力あるものにするため。
■どのように?
・ヘイッキラさんはインテリアや家具にユニバーサルデザインを採り入れる世界的なデザイナー。講演で「長い間使えて、いつも新鮮に見える物を目指す。必要と無駄を考え、手を加えても自然を壊さないようにする」などと話した。

・盛岡市の建築士、上田吹黄さんは「どこにあっても違和感のない作品を参考にしたい」と熱心にスケッチをしていた。約120人が受講した。