「親亡き後」を考える 障害者の家族ら 仙台 /宮城 – 毎日新聞


「親亡き後」を考える 障害者の家族ら 仙台 /宮城
毎日新聞
障害者が親を亡くした後に直面する問題について考えるシンポジウムが13日、仙台市青葉区で開かれた。重度の知的障害がある次女(23)を持つ東京都世田谷区の行政書士、渡部(わたなべ)伸さん(55)が講演し「強いセーフティーネットを作るために、当事者や家族が普段から ...