語り合い、浮かべるアートのかたち 視覚障害者と対話型美術鑑賞会 – 東京新聞


語り合い、浮かべるアートのかたち 視覚障害者と対話型美術鑑賞会
東京新聞
それを聞いた視覚障害者が鉄塔の数や作品の素材などを尋ね、イメージを膨らませていくうち、「現代社会の不安を表しているのでは」「夕方の寂しさを感じる」といった意見が出てきた。 任意団体「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」の協力で昨年三月に初めて開き、今回 ...