読者から /福島(2003年02月19日)

■いつ?
昨年秋
■どこで?
ドイツ・ケルン市
■誰が?
三保慶一さん
■何をした(する)?
「ケルン2020」の説明を受けた。
■なぜ?
県の研修コースに参加することになり、ドイツのケルン市を訪れた。
■どのように?
都市機能や経済面など八つの観点から、障害のある人もない人もともに生きる街を2020年までに実現する計画で、将来を見据えたビジョンと今日何をすべきかがプロジェクトチームにより進められている。