おしゃれ楽しく、手作り服発表会 徳山 /山口(2003年03月02日)

■いつ?
2003年3月1日
■どこで?
徳山市社会福祉センター(山口県)
■誰が?
市寝たきり老人介護者の会
■何をした(する)?
ユニバーサルデザインの服を集めたファッションショーが行われた。
■なぜ?
松永さんは「おしゃれはすべての人が楽しめるもののはず。着て喜んでもらえるのが何よりうれしいです」と話した。
■どのように?
・会のメンバーや実際に車いすを使う人たちがモデルとなり、工夫をこらした手作りの服を披露した。

・同会は90年の発足。公民館などで洋裁を教えている松永ツネ子副会長の指導で、メンバーが数年前からユニバーサルデザインの服を作り始めた。

・初となる今回のファッションショーには、寝たきりの人にも着せやすいようファスナーを多く使ったパジャマや車いす用のマントなど約30着が使われた。