使いやすく工夫のUD作品初展示 なんかん、陶器・梅まつり/熊本 (2003年03月09日)

■いつ?
2003年3月8,9日
■どこで?
古小代の里公園一帯(熊本県南関町宮尾)
■誰が?
荒尾玉名地域窯元振興会の9窯元,南関高校美術工芸コースの生徒など
■何をした(する)?
「第3回なんかん古小代の里 陶器・梅まつり」が開催。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・今年は荒尾玉名地域窯元振興会の9窯元が先日発表した使いやすく工夫したユニバーサルデザイン(UD)の陶器作品も初めて展示され、見物客の注目を集めた。

・皿やカップ、茶わんなど食器、酒器、花入れなどさまざまな陶器が出品された。使う側の立場で考えたUD陶器のコーナーには、高齢者や子どもが手軽に扱える便利な食器や安定感のある湯飲みなどが展示された。

・会場には、地元の食材や陶器を使った飲食コーナー、南関高校美術工芸コースの生徒が指導するろくろ・てびねり体験コーナーも開かれ、にぎわった。問い合わせは、南関町役場(0968・53・1111)へ。