中小企業、金の卵は外国人 「攻めの経営」中核に – 日本経済新聞


中小企業、金の卵は外国人 「攻めの経営」中核に
日本経済新聞
中小企業が外国人採用に力を入れている。海外進出や組織を活性化するため積極的に優秀な人材を登用。大手に比べ国内の新卒採用の厳しさが増すなか、外国人人材を攻めの経営に生かす。2015年の外国人労働者は全体で前年より15%増えて過去最高の水準。政府も3月 ...