座席回転、乗降らくらく トヨタが試作車 【名古屋】(2003年03月12日)

■いつ?
2003年3月11日
■どこで?
記載なし。
■誰が?
トヨタ自動車株式会社
■何をした(する)?
性別や年齢を問わない使いやすさを追求した「ユニバーサルデザイン」に基づく試作車「ALSV」を報道関係者に公開した。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・乗り降りしやすいように座席が回転し、前後ドアの間の柱もない。スピードメーターは見やすい文字盤にした。高齢者や障害者でも乗りやすい車を作るうえで、人間工学の重要性が高まっていることに対応した。

・トヨタは約30年前から、車両開発に人間工学を取り入れているが、車種ごとに考え方がまちまちだった。このため、計器類の配置や座席の仕組み、視界の確保などで新たな評価基準を作り、新型車に採用していく。