春の褒章、県内から8人 叙勲受章は44人 /島根(2003年04月29日)

■いつ?
2003年4月29日
■どこで?
島根県
■誰が?
梶谷幸子さん(婦人・子供服仕立業)
■何をした(する)?
黄綬褒章を受章。
■なぜ?
飲食業や農業などの分野で業務に励んだ。
■どのように?
・今後は、着物や布団から洋服を作るリフォームに力を入れ、年齢や性別、体格、障害の有無に関係なく着ることができるユニバーサルデザインを手がける。

・介護が必要なお年寄りが着やすい服づくりにも、平田市内の主婦らと取り組み始めた。今は年間10着ほどを製作している。

・洋裁は平田高校家庭科コースで学び、結婚後に内職として始めた。丁寧な仕事ぶりが評判となって注文が来るようになり、本職になった。93年に「オリジナル洋裁のユキ」ブランドを設立。99年には「現代の名工」に選定された。

・88年に県洋裁技能士会を結成し、若手の技術指導に当たってきた。