「未来形」の姿現す 来年3月開業の新水俣駅 /熊本(2003年05月10日)

■いつ?
2003年5月頃
■どこで?
九州新幹線新水俣駅(熊本県水俣市初野)
■誰が?
日本鉄道建設公団,国,水俣市など
■何をした(する)?
新水俣駅(仮称)が、「未来形」の斬新な姿を現した。
■なぜ?
来年3月に開業する九州新幹線鹿児島ルート(新八代~鹿児島中央間)に新設される。
■どのように?
・駅前広場(4千平方メートル)をバスやタクシーへの乗り継ぎを配慮し、障害者らにやさしいユニバーサルデザインを採用して整える。

・今後は、並行在来線の肥薩おれんじ鉄道の新駅を設け、環境学習交流センター(仮称)を新幹線の高架下に建設する。

・駅舎と周辺整備の事業費は、日本鉄道建設公団20億円、国11億円、水俣市8億7千万円。