視覚障害者にやさしく 堂本食品のむき甘栗「ぱっくりりん」/広島(2003年07月09日)

■いつ?
1997年開発・発売
■どこで?
広島市安佐南区
■誰が?
堂本食品株式会社
■何をした(する)?
・開発したむき甘栗「ぱっくりりん」が、年齢や障害の有無などにかかわりなくすべての人にとって使いやすい製品「ユニバーサルデザイン」として評価されている。

・国内で初めて、皮をむいた状態で甘栗を袋詰めにした製品の開発に成功。

■なぜ?
・虫食い状態の栗を食べる心配がない点などが視覚障害者に好評なため。

・皮をむく手間が省け、賞味期間も120日間と長持ちすることなどから人気を呼び、年間13億円を売り上げるヒット商品になった。

■どのように?
・もともとユニバーサルデザインを目指して開発した商品ではなかった。だが3年前、視覚障害をもつ消費者から同社に「まるで自分たちのために開発されたような商品」との感想が寄せられた。従来の甘栗の場合、虫食い状態などの「不良栗」が入っていることがあったが、視覚障害者にとっては見分けがつかず、口に入れるまで分からなかったという。
 この反響をきっかけに、商品開発に携わった同社企画室長の浜本京子さんはユニバーサルデザインをテーマにした企業の勉強会などに参加。そこでも、モニターを務める視覚障害者から商品について同様の評価を受けたという。

・「人に商品を薦めるときはパッケージを表にしたいが、通常の商品は表裏が分からない」「保存食の場合、食べきれずに一度しまってしまうと、ほかの商品に紛れてどれがその商品なのか分からなくなってしまう」などといった意見が出た。こうした声に応えるため、同社は2年前から包材メーカーの協力を得て、包装の表に点字を入れるようになった。

・浜本さんは「この商品を通して、逆に色々なことを教えてもらった。ユニバーサルデザインをもとに商品開発を考える土壌ができたことに感謝している」と話す。

・県は3月、学校や職場などを対象に、ユニバーサルデザインの普及と促進を図るため、県内外の事業例を紹介したハンドブックを千部作成。このうち500部を5月から希望者に配っている。問い合わせは県政策企画局(082・513・2413)へ。