すべての人がすみよい街を 県、四日市で講座 /三重(2003年07月13日)

■いつ?
2003年7月12日
■どこで?
じばさん三重(四日市市)
■誰が?
三重県健康福祉部
■何をした(する)?
5回予定したうちの2回目の「ユニバーサルデザインのまちづくり」講座を開いた。
■なぜ?
古瀬敏静岡文化芸術大教授は講演で「2015年には人口の25%が高齢者。自分が使うことを考えてまちづくりを考えなければ」と話した。
■どのように?
・ユニバーサルデザインは、「すべての人のためのデザイン」の意味。年齢や障害にかかわらず、多くの人が利用できることが条件。例えば、階段のある場所に車いす用のスロープをつけるより、最初から段差をなくせば、高齢者や妊娠中の人たちなど、多くの人が利用できるとの考え方。

・古瀬教授は講演で、施設のトイレなど様々なデザインについて、よい例や悪い例を挙げて解説した。

・講座には約百人が参加し、車いす利用者や脚の不自由な人たちの姿もあった。