潮谷・熊本知事「バリア作らぬ」 出身の佐賀で講演 /佐賀(2003年07月29日)

■いつ?
2003年7月頃
■どこで?
アバンセ(佐賀市)
■誰が?
潮谷義子熊本県知事
■何をした(する)?
出身地である佐賀市で、「地域社会をデザインする」と題して講演した。
■なぜ?
潮谷氏は、年齢や障害の大小に関係なく利用できる施策「ユニバーサルデザイン」に取り組んでいる。
■どのように?
・「既存のバリアをなくすのがバリアフリーだが、ユニバーサルデザインは最初からバリアを作らない。作り替えではないので、コストが安い」と説明した。

・買い物を手伝ったり、購入品を宅配したりする仕組みを導入して、元気を取り戻した熊本市の商店街などを例に挙げ、「地域社会の中に触れ合いの場を作ることもユニバーサルデザインだ」と話した。

・ユニバーサルデザインの施策は佐賀でも可能と話し、「はなわさんの歌にもあるように、あるがままの佐賀の良さを再発見して」と訴えた。

・300人収用の会場がいっぱいになり、会場外のモニターで聴き入る人が出るほどだった。