バリアフリー度調査、地図に反映へ 松江で障害者ら念入りに/島根(2003年09月29日)

■いつ?
2003年9月28日
■どこで?
大阪府松江市
■誰が?
松江市
■何をした(する)?
「松江市バリアフリー市民現地点検」を実施した。
■なぜ?
・障害者にとって住み良い町づくりを目指して。

・同市の「交通バリアフリー基本構想策定事業」と「バリアフリーマップ作成事業」に役立てる。

■どのように?
・同市の天神町や和多見町周辺のバリアフリーマップを作成した市民団体「しまねユニバーサルデザイン研究会」のメンバーも参加し、参加者たちは8班を組織。

・公募に応じて参加した障害者や高齢者ら約70人が、市職員とともに歩道や公共施設などの状況を調べた。

・県民会館周辺、一畑電鉄松江しんじ湖温泉駅周辺、くにびきメッセ周辺などを点検。歩道の傾斜、車道との段差、点字ブロックの状態などを入念に見て回った。

・各班は点検内容を地図などにまとめ、改善してほしい場所などについて話し合った。

・同市は、この日のデータを地図に書き込んでホームページで公開する。