玉の湯新社長に長女の桑野専務 現社長は会長に /大分(2003年09月30日)

■いつ?
2003年10月1日
■どこで?
玉の湯(大分県湯布院町)
■誰が?
桑野和泉専務(玉の湯)
■何をした(する)?
社長に就任する。
■なぜ?
禅宗の寺院保養所として1953年に創業して以来50年になるのと、溝口薫平社長が古希を迎えた節目に合わせたという。
■どのように?
・「グローバル化で、どんな人にも受け入れられるユニバーサルデザインが必要になっている。食の面でもアトピーなどへの対応を進めたい」と話している。

・桑野専務は由布院温泉観光協会専務理事も務める。

・玉の湯はクヌギなどを植えた敷地に温泉付きの15棟の「離れ」がある。くつろげる空間と料理などで女性客らに人気で、昨年度の年間売上高は約10億円。