ニューフロンティア(ダウンサイジングにっぽん第3部:3)●世界へ展開(2003年11月23日)

■いつ?
2003年5月頃
■どこで?
国内
■誰が?
トヨタ自動車株式会社
■何をした(する)?
小型車「ラウム」を発売した。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・量産車としては初めて、ユニバーサルデザインを設計の中心に据えて開発された。

・左側面の前部ドアと後部ドアを仕切る支柱(ピラー)をなくし、高齢者でも楽な姿勢で乗り降りできる。

・ブレーキやバッテリーの異常を操作パネルに示すときには、記号の下に日本語でどこが異常かを表示したほか、「販売店に連絡」「点検」などと対処方法も言葉で読めるようにした。

・販売目標は月4千台だったが、発売後1カ月で1万1千台を受注。10月までの半年で目標を3割上回る約3万2千台のペースを維持している。年齢別には、50代以上が43%を占める。

・販売先は国内のみだが「ユニバーサルデザインは日本人だけの話ではない。他車種への拡大とともに、世界への展開も十分ありうる」(同社)と意欲的。