空き家を改良し、安い値で供給へ NPO法人、福島市で設立/福島(2003年12月03日)

■いつ?
2003年12月1日
■どこで?
福島県福島市
■誰が?
NPO法人循環型社会推進センター
■何をした(する)?
設立総会を開いた。
■なぜ?
施工業者や設計士らとネットワークを作り、空き家の多い住宅団地などをリフォームして供給するのを目的として。
■どのように?
・少子高齢化の進展を踏まえ、ユニバーサルデザインを取り入れた住宅なども提供する方針。

・活動では空き家をリフォームし、消費者に安価で提供する。早ければ今年度中にも知事の認可を得て活動を始める見込み。

・活動の基本構想は「資源を大事に使い、ごみの量を減らす」というリサイクルの発想。

・実際にリフォームを担当するのは主に地元の施工業者や設計会社。NPOを中心に業者とネットワークを作ることで、情報共有や技術指導などが円滑に進められる。

・消費者の信頼が得られるように、NPOは業者の技術などをチェックした上で登録する。

・消費者は住宅改修や買い替えに関する相談をNPOに持ちかけ、交渉。消費者の予算や要望に応じてNPOが事業者らを選定し、あっせんする仕組み。

・すでに約170の正会員、準会員が集まっており、来週にも県に設立の申請をする。