福祉車両、本格展示 今秋の東京モーターショー、集客増狙い(2004年03月03日)

■いつ?
2004年11月2~7日
■どこで?
幕張メッセ(千葉市)
■誰が?
日本自動車工業会(開催),メーカー各社(展示)
■何をした(する)?
商用車の東京モーターショー(38回)で、体の不自由な人にも乗りやすい福祉車両の本格展示に踏み切る。今年は「働くくるまと福祉車両」との副題をつける。
■なぜ?
ショーの集客増につなげるため。
■どのように?
・東京モーターショーは「乗用車・二輪車」と「商用車」の隔年開催だが、商用車の年は入場が運送事業者などのビジネス関係者に偏りがち。

・身体や年齢などの違いを超えて幅広い層に利用しやすい「ユニバーサルデザイン」の福祉車両に脚光を当てる。

・福祉車両は、体の不自由な人が自分で運転したり、家族の介護で外出したりしやすいように、通常の車両を改良したもの。トヨタ自動車は専用の「ウェルキャブ」シリーズをほぼ全車種に設定、03年は約1万6千台を販売するなど、メーカー各社とも力をいれている。