障害者、親子連れも楽しく 10月16日、さいたまでUDシアター(2003年9月12日)

■いつ?
2003年10月16日
■どこで?
「彩の国さいたま芸術劇場」(さいたま市中央区)
■誰が?
埼玉県
■何をした(する)?
子供や高齢者、障害者も含め、だれもが楽しめる「みんなの劇場 ユニバーサルデザイン(UD)・シアター」が開催される。
■なぜ?
記載なし。
■どのように?
・バリアフリー化(障壁の除去)の工夫を可能な限り導入し、世代を超えて楽しめる出し物を用意した。

・バリアフリー化では、聴覚障害者用にパソコンを使った字幕表示や手話通訳、視覚障害者には映画の音声ガイド、難聴者には補聴装置などを用意。点字や拡大文字のパンフレットも作成し、支援のためのボランティアも配置する。

・さらに、託児所(要予約)を設置するなど、子育て中の母親にとってのバリアを除去。舞台や朗読劇、映画なども、大人も子供も楽しめるような演目とした。

・演目は「それいけ! アンパンマンショー」、和太鼓ソロコンサート「太鼓士 澤田剛年公演」、朗読劇「星の王子さま」など。映画は「ラスト・プレゼント」(韓国作品)、「ザ・カップ 夢のアンテナ」(ブータン作品)などで、いずれも入場無料。