難病患者、悩み共有の場 「なんくるかふぇ」北九州市に開設1年半 お茶飲みながら交流深める [福岡県] – 西日本新聞


難病患者、悩み共有の場 「なんくるかふぇ」北九州市に開設1年半 お茶飲みながら交流深める [福岡県]
西日本新聞
難病患者が集い、お茶を飲みながら悩みを打ち明け、交流を深めるカフェ「なんくるかふぇ」の取り組みが北九州市で広がりを見せている。初のカフェ開催から8月で1年半。これまで5回開催され、計約160人が参加した。市によると、市内には国指定の難病患者7908人(3月末 ...